ベリーロールの踊り方 | ベリーダンスが上達する練習方法

上腹部と下腹部の筋肉を動かして、お腹を蛇のように波打たせるベリーダンスのベリーロールという動き。

ベリーロールはアンジュレーションの動作にも繋がる大切な動きとなりますので、要点をしっかり抑えておきましょう。

1.腹式呼吸で横隔膜を動かすベリーロール

横隔膜というのは肺のエリアとその下にある内臓のエリアを分けている筋肉の膜のことで、これを押し下げることで腹部が膨らむ仕組みになっていて、横隔膜自体が膨らんでいるわけではありません。

横隔膜を押し下げるためには腹式呼吸を行う必要があり、胸式呼吸でろっ骨を広げて息を吸う時には横隔膜が引き上げられてしまうため、腹部がへこんでしまうので注意が必要です。

このような仕組みで横隔膜は上げ下げされているのですが、その感覚がつかめてきたら片手を下腹部に当て、もう片方の手は胃の辺りに当てて、下腹部は引きしめた状態でゆっくりと腹式呼吸を行うと胃の部分が膨らむのを感じることができると思います。

胃が膨らむ感覚が分かるようになってきたら、腹式呼吸で大きく息を吸い込み腹部全体を膨らませてから、浅く長く吐ききるように息を出していくことで膨らんだ胃の部分を元に戻していき、膨らんだ下腹部も元にもどります。




2.ベリーロールに必要な腹式呼吸

ベリーダンスのベリーロールに必要な腹式呼吸には、脳波がリラックスしたα波やθ波の状態になり、精神安定や脳の活性化などの効果が期待できます。

腹式呼吸を行うには「鼻で吸って、口から吐く」が基本ですが、「鼻で吸って、鼻から吐く」でも大丈夫です。

腹式呼吸のときには「吐いて→吸う」のが基本ですので、まずは吐くことを意識して身体の中の二酸化炭素を出し切ったあと、必要な酸素をしっかり吸い込みましょう。

3.アンジュレーションに繋がるベリーロール

ベリーロールの動きを外側に広げていくとアンジュレーションになりますので、美しいアンジュレーションのボディウェーブを描くためにもベリーロールは欠かせない動きとなります。

アンジュレーションで背骨も一緒に動きますが、ベリーロールでは背骨はいっさい動かさずに止まったまま、呼吸に意識を置いて、お腹の部分だけを使って波を作っていきましょう。

4.ベリーロールの嬉しい効果

ベリーダンスのベリーロールのお腹を波打たせる動きは、内臓を直に刺激するため血行が良くなり、新陳代謝を活性化して身体の中の老廃物を排出し、便秘が解消されたり美肌効果も期待できたりと様々な効果が得られる重要な動きとなります。




おすすめの記事