ライン出し | ビリヤードのポジション・テクニック

ビリヤードのポジション・テクニックのひとつとして、ライン出しという考え方を説明します。

ゲームマネージメントをしていくにあたって、このライン出しの考え方は重要になってきますので、意味を理解して是非適切な場面で使えるようにしておいてください。

1.ポケットビリヤードのライン出しの考え方

ポケットビリヤードにおけるライン出しの考え方は、ゾーンでポジションを考えるときとほぼ同じ考え方になります。

ポジションを考えるときにピンポイントで次の場所を狙うのは非常に確率の悪い狙い方で現実味を欠いています。

「自分は必ずミスをする」ということを前提に、「ここからここまでの中には手玉を運べそうかな」とある程度広いゾーンでネキを考えることが確率を上げるヒントになります。

まず、この的玉を入れるためには「ここからここまでの範囲に手玉を置きたい」というゾーンをイメージします。

ある程度大きな楕円形でその範囲をイメージしてみましょう。

そしてその範囲の中に手玉が止まるようにポジションを考えるクセをつけましょう。

ゾーンを楕円形で考えたとき楕円形は大概の場合、縦横のどちらかが細長くなります。

この細長くなった楕円形の中に手玉を止めることを考えたとき、どのようにすると確率があがるでしょうか?

そうです。

できるだけ長い距離楕円の中を通るようにネキを考えれば、そのゾーンに止まりやすくなります。

最後に転がってそのゾーンに入って止まるまでのラインをゾーンの長いほうに沿うようにできればそのゾーンに止まる確率があがるのです。

このゾーンに沿ったラインを考えるポジションの考え方を「ライン出し」「ライン取り」という呼び方をします。

ゾーンをできるだけ長く通るラインでネキを考えられるときは、そのように狙うのが鉄則です。

2.ワンクッション

ワンクッションで的玉を入れた後、手玉を近いクッションにワンクッションさせてポジショニングするシチュエーションには非常に多く遭遇すると思います。

ラインを考えるときに、まずはこのワンクッションでヒネリなしのフォローショットのときクッションからナチュラルに手玉が反射していく方向を覚えます。

わかりやすい配置として以下を紹介します。

手玉をヘッド側から見て左サイドポケットの前から1ポイント下に配置します。

的玉を右上コーナーの1ポイント下でレール際に配置します。

的玉を入れるときに手玉のイマジナリーポイントまでの飛球線がレールと45度になっている状態です。




このときスピードをゆっくりにていフォロー回転になるように撞点を真上で撞いてみてください。

コロコロコロ、ドボン!

左上コーナーに手玉がスクラッチしましたでしょうか?

テーブルコンディションにもよりますが、45度のレール際の玉のフォローショットは、短クッションのレール一本分を進む間に、ちょうど1ポイント分前に進むようにできています。

まず、このことを覚えてください。

3.ヒネリの量

ヒネリの分量を数字的に表す方法として、タップの幅で表す方法があります。

1タップ分といえば、中心より1タップ(12mmぐらい)撞点を左右にずらした位置を1タップのヒネリといいます。

この1タップのヒネリで、右長クッションの上から1つ目のポイントから、右1タップをヒネって空クッションで撞いてみてください。

コロコロコロ、ドボン!

手玉がコーナーポケットに落ちたでしょうか?

落ちた人はそれで合格ですので、そのヒネリを1タップのヒネリと覚えてください。

落ちなかった人は何度かやってみてヒネリの量をわずかに変えながらクッションからの伸び縮みを調整して、スクラッチしたところで、そのヒネリの量を1タップのヒネリと覚えてください。

4.フォローとヒネリの複合

このフォローショットと、ヒネリを合成することを考えます。

先ほどの45度の配置をもう一度作ってみてください。

フォローショットのみでスクラッチした配置です。

その状態で今度は、フォローに1タップ分の左ヒネリを加えます。

時計の短針の10:30と11:00の間ぐらいの撞点です。

さてどうでしょう?

今度は手玉はスクラッチしないと思ます。

さらに、手玉が第3クッションに到達したとき、おおよそ、1ポイントぐらいの位置にきましたでしょうか?

フォローショットで1ポイント分前に出て、ヒネリの効果で、さらに1ポイント分前に出たわけです。

これも何度かついて、確率よくスクラッチする感覚を身につけましょう。

さらに今度は同じ配置を時計の短針の1:00と1:30のぐらいの間の撞点で撞いてみましょう。

これもスクラッチせず、手玉が第1クッションから垂直に出て反対側の長クッションの1ポイント目にいきましたでしょうか?

この場合は右のヒネリとフォローショットが合成されて、1ポイント進む、1ポイント戻るでプラスマイナス0となってクッションから垂直に出たということです。

どうでしょう?

いっていることがわかりますでしょうか?

わかれば大したものだと思われますし、ライン出しに関しては卒業でも良いぐらいです。




おすすめの記事