ドリブルの基本とコツ | フットサルの上達法

ドリブルによる局面打開は得点するためにとても重要なことですが、それだけに十分なレベルに到達するためにはただ練習するだけでは足りません。

フットサルにおけるドリブルのコツと上達するための練習方法をご紹介します。

1.ドリブルは数多く触る

しっかりとしたドリブルの基本を身につけましょう。

最初に意識するべきことはなるべく多くタッチしながら運ぶことです。

少ないタッチでのドリブルはつまり身体から大きくボールが離れながらになるので、奪われやすく危険です。

多くタッチすることを意識すればボールをあまり離さずにドリブルできるようになるので大切なのです。

また多くタッチすることで方向転換を容易に行えるようになります。

フットサルのコートは狭いですから、タッチ数を多くする意識をもって練習すれば上達は速くなるでしょう。

2.リズムをしっかりと刻む

最初はボールと自身の走りがちぐはぐになりがちです。

ボールを蹴りながら走るというより、ボールと共に走るイメージが大事です。

タッチするタイミングと走るために足を前に出すタイミングがうまく一致するようなリズムを意識して行うことで、ボールを思った方向に正確に運べるようになるでしょう。




そのため慣れないころはスピードを上げる必要はなく、むしろ瞬時に止めるためのコントロールに入れるくらいの速度できちんとしたタッチを意識しましょう。

3.前を見ましょう

ボールに集中するあまり前への意識がなくなると本末転倒です。

ボールを狙った場所に運ぶのがドリブルの役目なので、前方を見るように意識することが大事です。

細かいタッチになるとなかなか視線を上げることができませんが、意識的に視線を上げる習慣をつけるようにしましょう。

コツとしてはボールの転がり方を予測し、目を離す時間間隔を覚えるように反復練習を行っていくことです。

前方へ視線を動かしている間は頭の中でイメージしたボールをタッチする感覚です。

このような意識を習慣づけていけばドリブル中のほとんどの時間ボールを見なくてよよいようになり、その分だけより周囲の確認が行えるようになるので何度も反復練習しましょう。

フットサルでは周囲への注意とプレイ判断スピードが大事ですから、ボールを見ずに扱えるようになればぐっと上達することができます。




おすすめの記事