飛び前蹴りのやり方とコツ | テコンドーが上達する練習方法

飛び前蹴りはジャンプして相手の人中を狙って前蹴りを蹴るというテコンドーにおける蹴り技の中でも極めて殺傷能力の高い技ですが、試合でも前に出てくる相手を一撃で止めてしまうほどの威力を誇ります。

隙も少なく、威力も高い必殺技である飛び前蹴りも練習を重ねれば必ず上達します。貴方もぜひ習得してみませんか。

1. 飛び前蹴りの基本的な蹴り方とポイント

飛び前蹴りの特徴はリーチの長い横蹴りよりも隙が少なくを接近戦でも遠距離戦でも優位に使えるという利便性です。

今回は飛び横蹴りの練習方法と上達のコツを解説します。

1. 重力を利用する

飛び前蹴りを蹴る上でまず初心者にありがちなのは、飛びながら蹴っているので相手に大したダメージを与えられず逆に着地の隙を狙われてしまうことです。

飛び前蹴りを上手く蹴るコツは「重力を味方につけて上から落とすように蹴る」ことです。

前蹴りのパートでも解説した通り、相手の顔面に上から蹴りを落とすイメージで蹴り込む事で重くて威力もあり、蹴った後も押し返されないバランスのいい蹴りになります。

跳びながら蹴るのではなく「跳んでからの落ち際」のタイミングで蹴り足を延ばすと重力によるエネルギーが加算されて高い貫通力を生み出すため、多少ガードされてもガード越しに相手を崩すだけの威力を秘めています。

蹴り足は通常の前蹴りのように目標から目を離さず、槍のように真っすぐ突き出しましょう。これだけで命中率もかなり上がります。




2. 飛び前蹴りの実戦運用

さて、上記では飛び前蹴りの基本と上達のコツについて説明しましたが、今度は実際に試合で使うためのポイントについて説明します。

飛び前蹴りを最も使いやすい場面は後ろ廻し蹴りなどの回転技からのフェイントです。
それでは解説していきます。

1.回転技からのフェイント

飛び前蹴りは大技であるため、相手にいきなり出してもまず当りません。むしろカウンタータイプの選手には美味しいカウンターの材料となってしまうでしょう。

そこで、後ろ廻し蹴りなどのテコンドーでもよく使われる回転技からのフェイントとして相手の虚をついて当てる戦法が有効です。

例えば後ろ廻し蹴りや360°回転蹴りは横からの蹴りであるため相手は下がるなり、ガードを横に固めるなりして側面に意識を固めるでしょう。

相手が上段をガードしていたら、後ろ廻し蹴りの蹴り足を当てず軸足と蹴り足を入れ替えるようにジャンプして中段へ飛び前蹴り。

中段をガードしていたら、360°回転蹴りのモーションのまま蹴りの軌道を上段前蹴りに変化させがら空きの上段へ飛び前蹴りを決めます。

このように直線系統の攻撃である飛び前蹴りは横からの攻撃である後ろ廻し蹴りや360°回転蹴りなどの回転技との相性が非常に優れているのでお勧めです。

以上がテコンドーにおける飛び前蹴りの練習方法と上達のコツ、試合で実際に使うためのポイントです。回転技からのフォローとして使う事で命中精度を上げられるだけでなく、誘いに乗った相手の虚を突くことができるのでKOにもつながる必殺技にもなります。
ご清聴ありがとうございました。




おすすめの記事