フォロースルーからフィニッシュのやり方 | ゴルフスイングの基本

ゴルフのスイングの基本をここまで見てきましたが今回でスイングが完成します。

「終わりよければ全てよし」という言葉があるように最後のフィニッシュが決まると見た目にもスイング全体が締まってきれいなスイングになりますので今回もしっかり見ていきましょう。

1.フィニッシュの重要性

ゴルフのスイングにおいてフィニッシュはスイングの終わりというだけでなく重要な意味を持っています。

どういうことかというと、フィニッシュがしっかり決まり左足一本で立ったようなバランスよい形を取れているということはスイング全体が効率よくうまく成功したことになるからです。

考えてみればわかると思いますが、例えば、ダウンスイングからインパクト・フォロースルーにおいてどこかで腕に力を入れてクラブが理想の軌道から外れたとします。

そうしたら、無理矢理にきれいなフィニッシュの位置に持っていったとしても最後の形は同じでもそれまでのスイングの過程はおおよそ理想のスイング軌道とはかけ離れたものでスムーズなスイングをしたとは到底言えないでしょう。

スムーズなスイングが出来なければ効率よくボールに力を伝えることもできませんし、効率よく力がボールに伝わらなければボールも飛びません。

そして、ボールの方向性も悪くなってしまいます。

ここまでお伝えしたことを考えて頂ければゴルフというスポーツにおいてフィニッシュをしっかりとることの重要性を理解して頂けると思います。

では、次はどのようにしたらフォロースルーからフィニッシュがしっかり決まるのか実際の体の動きやポイントをみていきましょう。

1.フォロースルーからフィニッシュにかけての体の動かし方

フォロースルーからフィニッシュにかけての理想のクラブの軌道は、インパクトからフォロースルーのときにもお伝えした通りバックスイングからトップオブスイングのクラブの軌道の左右対称の動きをすることです。




ただ、トップオブスイングの形と少し違うところは、フィニッシュではクラブを振り切っていくので右肩はボールを打つ目標方向を指し、クラブは首に巻きつくような感じでフィニッシュをとっていくというところです。

このフィニッシュの形をとることで体のねじれを最大限に活かした回転力でボールを飛ばすことができるのです。

ただ、個人個人骨格も違いますし、体の柔らかさや筋力も違うので初めのうちは無理に右肩を目標方向に向けようとか、無理にクラブを首に巻き付けようとしなくても大丈夫です。

できる範囲でしっかり体を回転させる意識を持ってください。

慣れてきたら徐々に体も回転するようになってきて、きれいなフィニッシュがとれるようになってきます。

ここで簡単にですが、フォロースルーからスムーズにフィニッシュまで持っていくポイントをお伝えしたいと思います。

それは、「右腰の回転」です。

どうしてもクラブを手で握っているのでフォロースルーからフィニッシュを意識すると腕の力で操作しがちですが、腕の力を抜き右腰を左腰の位置まで押し込むように回してみてください。

その動きに合わせて腕も右肩も自然と動いてくるはずです。

その動きをマスターすれば腕の力に頼ることなく体の回転で自然にフィニッシュまでいけるのでバランスのよい安定したスイングになってきます。

ここまででゴルフのスイングは完成です。

ただ、日々ゴルフのスイングは変わってしまいます。

一度出来たからといって次のスイングでは違う動きをしてしまうのがゴルフです。

それなので、何度も何度も繰り返し同じ動きをして体に覚え込ませるようにがんばって練習してください。




おすすめの記事