ゴルフの練習場や打ちっぱなしの活用法

前回はゴルフの練習前のストレッチや準備運動についてお伝えしましが、今回は実際にボールを打つ練習場や俗に「打ちっぱなし」と呼ばれるゴルフ場にある練習場以外の練習場について見ていきたいと思います。

1.ゴルフの練習場について

ゴルフというスポーツは広大な大自然の中で行うスポーツであることは以前すでにお伝えしましたが、毎回ゴルフ場に行って練習できる方は良いのですが、大体の方は仕事をされている方でしょし家事を行わなければいけない方もみえると思うので、そんなにはゴルフ場に足を運べれないと思います。

そして、ゴルフは固いボールを飛ばすスポーツなのでサッカーや野球などのちょっとしたグランドがあればできるスポーツと違い安全面からもかなり制約された場所でしか練習を行うことができません。

そこで出来たのが回りにネットを張り巡らした通称「打ちっぱなし」と呼ばれる練習場です。

この打ちっぱなしと呼ばれる練習場でネットに向かってボールを打つことでスイングの練習やボールの球筋の練習を行うことになります。

地域によっては打ちっぱなしの練習場の大きさはさまざまですが、みなさんの住んでいる街やその近くの地域にも打ちっぱなしはあるはずなので一度探してみてください。

そして、今お伝えした打ちっぱなしと呼ばれる練習場は屋外でボールを打つのですが、最近増えてきているのは屋内で練習を行うインドアの練習場も出てきています。

これは、都心部などでは屋外の練習場である打ちっぱなしを作るには大きな土地が必要であり、その土地を確保できないために出てきたものです。

打ちっぱなしと違いインドアの練習場ではスクリーンにゴルフ場のコースを映し出したりして実際に屋外で打っているようなイメージでボールが打てるので最近では人気が出てきています。




1.練習場の活用法

先ほどまでは屋外の練習場の打ちっぱなしと屋内の練習場のインドア練習場があるとお伝えしましたが、次はその練習場の活用法についてお伝えしたいと思います。

ゴルフ場にある練習場は、主にラウンド前の準備運動の要素が強いので今回は打ちっぱなしとインドアの練習場の活用法についてお伝えします。

ゴルフのスイングの練習を行うという点では、打ちっぱなしもインドア練習場も違いがありませんが、それぞれにメリットがあります。

打ちっぱなしの一番のメリットは、やはり広い場所でボールを打つので実際のボールの球筋を自分の目で確認できるという点です。

よりゴルフ場に近い状態で練習できるのでラウンド前の練習としてはより良いかもしれません。

そして、インドア練習場のメリットは逆に打ちっぱなしと違い、実際のボールの球筋が自分の目で見えないということです。

実際に球筋が見えないことにより、よりスイング自体に集中できるようになります。

それなので、ゴルフのスイング作りには最適な環境といえます。

2つの練習場の違いを簡単にお伝えしましたが、それぞれのメリットを活かし、理想としてはインドアの練習場でスイングを作り、打ちっぱなしでボールの球筋を確認し、実際のラウンドで最終確認をするという流れを作るとよいと思います。

そして、ラウンドでミスが出たらまたインドアの練習場に戻るというようなサイクルを作ることでより効率的に上達していけるはずです。

それなので、インドア練習場も打ちっぱなしも活用しながら是非、効果的に効率よく上達していってください。




おすすめの記事