ディボット跡からの脱出法 | ゴルフのトラブル脱出法

ゴルフのトラブルにはいろいろなものがあります。

そのうちの一つにディボット跡というものがあります。

ショットでできたホール内の芝の削れた部分のことですが、そこから打つには通常のショットが出来ないときもあるのでそのような状況について見ていきましょう。

1.ディボット跡とは

ゴルフが自然の中で行うスポーツであるということは既にご存知だとは思います。

そして、アスファルトやコンクリートの上で行うスポーツではないのでクラブでショットをすると地面が削れることがよくあります。

このクラブで削れた地面の部分のことを「ディボット」と呼びます。

ゴルフではあるがままの状態でプレーしなければいけないのでフェアウエイにショット出来たとしても運悪くディボット跡に入ってしまうこともあります。

入ってしまうのは不運でしかないのですがそれを嘆いてもボールを動かせるわけではないので、そこからどのように脱出するかを考えていきましょう。

1.ディボット跡からの打ち方

どのようなトラブルショットでも同じなのですがディボット跡から脱出するためにはまずどのようにディボット跡にボールが入っているかの状況判断が必要です。

ディボット跡の前の方に入っているのか、ちょうど真ん中に入っているのか、それともディボット跡の後ろの方に入っているのかそれによって打ち方が変わってきますのでよく確認して判断してください。

2.ディボット跡の前の方にボールがある時

まずはボールがディボット跡の前の方に入っているときです。




この時はクラブを直接ボールに当てることができるのですが、ボールの前方に土があるので通常のショットをした場合、飛距離が落ちてしまいます。

それなのでどのくらいの土の影響を受けるかによりますが、最低でも一番手以上クラブを上げて打つことが必要になります。

3.ディボット跡の真ん中にボールがある時

次にボールがディボット跡の真ん中にあるときです。

この状況がディボット跡からの脱出で一番通常のショットと変わらず打てるのですが、あくまでフェアウエイのような芝の上から打つのではなくボールが土の上に乗っているので出来るだけボールに直接クラブを当てるように打つことが必要です。

ダフって手前からクラブが入ってしまうと極端に飛距離が落ちてしまうのでその点だけ注意してください。

4.ディボット跡の後ろのほうにボールがある時

最後はディボット跡の後ろのほうにボールがあるときです。

この状況がディボット跡に入ったときの一番難しい状況になります。

ボールの手前に土があるので直接ボールにクラブを当てることができないため手前の土ごとボールを打つようにします。

これは力もいりますし、あまり強く打ち込むと手首を痛める危険性もあるので短いクラブを使い、手首をしっかり固定してボールに当てて終わりというようにフォローを取らないように打ちます。

これは脱出がメインなのでディボット跡から出すことに集中してください。

以上でディボット跡からの脱出の方法についてお伝えしましたが、ラフからのショットと違い毎回ディボット跡に入るわけではないので練習する機会も少ないと思いますがゴルフでは起こりうる状況なので打ち方はしっかり覚えておいてください。




おすすめの記事