ピッチエンドランのやり方 | ゴルフのアプローチの基本

今回からグリーン廻りで使う技術のアプローチについて見ていきます。

上級者になればなるほどこのアプローチの技術に非常に優れています。

この技術を身に着けることでスコアを崩すことなく、安定したゴルフを行うことが出来るようになるのでしっかり覚えてください。

1.アプローチの重要性

ゴルフは何打でカップにボールを入れれるかを競うスポーツであることはすでにみなさんはご理解をして頂いていると思います。

ドライバーでの一打も、アイアンでの一打も、そして今回からお伝えしていくアプローチも同じ一打です。

ただ、同じ一打であるのにみなさんが非常に苦手意識が強いのがこのアプローチによる一打だと思います。

では、なぜ同じ一打なのにこのアプローチに苦手意識を持っているのでしょうか。

それはおそらく、他のショットに比べてカップに近い分、寄せないといけないとか直接カップに入れたいという気持ちが強くなり、ミスが出来ないという精神的なプレッシャーから体が固くなり、ゴルフでいうダフリやトップと言われるミスが多く出てしまうからだと思います。

この精神的プレッシャーに打ち勝つためには、経験とあとは正しく正確な技術を身に着けることによって克服できます。

その技術面について次から見ていきましょう。

1.ピッチエンドラン

ゴルフにおいてのアプローチの重要性については先ほどお伝えしましたが、そのアプローチには基本となるアプローチの種類が3種類あります。

その3つの中で一番基本となるアプローチが「ピッチエンドラン」です。

そのピッチエンドランについてこれから見ていきたいと思います。

では、ピッチエンドランとはどのようなアプローチなのでしょうか。




ピッチエンドランとは、ボールとカップまでの距離に対して、ボールを上げる距離とボールが転がる距離がおよそ5対5の比率になるように打つ打ち方です。

2.ピッチエンドランの打ち方

ピッチエンドランがどのようなショットであるかは先ほどお伝えしましたが、では実際にはどのように打つのでしょうか。

使用するクラブとしては、多少ボールを浮かせないといけないのでウエッジ系クラブのピッチングウエッジやアプローチウエッジ、サンドウエッジなどを状況により使い分けます。

使い分けのポイントは、使用するクラブによってボールの高さや転がる距離が変わってくるのでしっかり把握できるようになるまで練習場で練習を行うことが必要です。

打ち方としてはどのクラブでも同じなのですが、ボール位置は体の正面でスタンス幅の中央に置きます。

そして、フェースの向きをしっかり打ちたい方向に向けてます。

あとは、距離を求めるスイングではないのでご自身が打ちたい距離の振り幅でクラブを振ります。

そのときのポイントは、まず右手の手首の角度を変えないということです。

そうすることでフェース面が安定し目標方向にボールをより運びやすくなります。

そして、もう一つのポイントは、ボールを落とす場所に集中することです。

あまりカップを意識しすぎると頭の位置がスイング中に変わってしまい、しっかりボールを捉えることが難しくなります。

その結果、ミスが出てしまうことになります。

ボールを狙ったところに落としたら、あとは運に任せるくらいの気楽な気持ちで望むことがピッチエンドランを成功させるコツになります。

このピッチエンドランがアプローチの基本となりますが、距離感は練習で繰り返し何度も打たないと身につかないものなので思ったところに落とせるようになるまで頑張って練習しましょう。




おすすめの記事