ピッチショットのやり方 | ゴルフのアプローチの基本

前回はアプローチの重要性をお伝えし、その中でゴルフには基本となる3種類のアプローチがあることをお伝えしました。

そして今回は、その基本のアプローチの中の一つのピッチショットについて見ていきたいと思います。

1.ピッチショット

今回お伝えするゴルフのアプローチの種類の一つであるピッチショットとはどのようなアプローチなのでしょうか。

簡単にいうとボールを高く上げて、ボールが落ちたあとあまり転がらない打ち方になります。

では、どのような時にこのピッチショットを使用するのかというとボールを上げる打ち方になるので、ボールとカップの間にバンカーや池・木などの障害物があったり、ボールとカップまでの距離が短く、ボールを止めたい時などに有効なショットになります。

そして、アプローチの種類にもう一つ「ロブショット」と呼ばれるボールを上げて止めるピッチショットと同じような技術があります。

この2つのアプローチの違いについても少しお伝えしたいと思います。

この2つのボールを上げるアプローチの違いは、ピッチショットはクラブのロフトと呼ばれるフェースの角度通りにボールを上げるのに対して、ロブショットはフェースをかなり開いてボールの下をクラブヘッドが抜けるように打つことでボールをフワッと上げる打ち方になります。

ただ、この2つのアプローチの打ち方を分ける大きな意味はなく、それよりご自身が狙ったボールの高さや距離を出せるように練習することのほうがより大切になってきます。

あとこのピッチショットはアプローチの基本となる打ち方の一つですが、ボールを浮かすということは自然を相手にプレーするゴルフなので風や雨などの自分ではコントロールできない不可抗力の力に左右される可能性があることを覚えておかなければいけません。

ご自身が狙った通りに打ったとしても、必ずしも狙い通りの結果が出るわけではないことをしっかりと理解しておくことが必要です。




それなので、ボールとカップの間に障害物がなくボールが転がせるような状況であるならばボールを転がしてカップを狙ったほうがよりスコアをまとめることができる確率が上がることを知っておかなければいけません。

ピッチエンドランを使うかピッチショットを使うかはプレーヤーの選択になりますが、その時の状況判断をしっかり行い、最適なショットを選択できるようになってください。

1.ピッチショットの打ち方

では次は実際にどのようにピッチショットを打つのかを見ていきたいと思います。

まずボール位置ですが、ピッチエンドランと同じように体の正面のスタンスの中央にボールを置きます。

そして、ピッチエンドランと少し違うのは左足を少し後ろに引くことによりオープンスタンスで構えます。

こうすることにより、スイングのときにフォロースルーでクラブヘッドをインサイドに振り抜きやすくします。

そして、クラブフェースを目標方向より少しだけ右を向けます。

これで構えは完了です。

あとは、スタンス通りに通常のスイングと同じように振ることによりボールが自然と高く上がり飛んでいきます。

ボールの飛ぶ距離については振り幅で調整し、ボールの高さはフェースをどのくらい右に向けるかで調整します。

ピッチショットのスイングの注意点は、フェースをやや右に向けているのでスタンス通りに振っていけば自然にボールが上がってくれるのですが、無理に上げようとして腕の力でクラブヘッドを上へ振ろうとしないことです。

クラブヘッドの力を信じてクラブに仕事をさせることが必要です。

ピッチショットは、ゴルフのスイングの中でも難しい部類の技術になりますが繰り返し練習してコツを掴めば、非常に有効な技術になりますので是非挑戦して打ちこなせるようになってください。




おすすめの記事