トップの原因と対策 | ゴルフのトラブル脱出法

今回はゴルフのミスショットの一つであるトップについて見ていきます。

フェアウエイにボールを打てても、いきなり次のショットでトップしてしまいスコアを崩してしまうこともあります。

そうならないためにもその原因と対処法を見ていきましょう。

1.トップの原因

それではゴルフのミスショットの一つであるトップがなぜ起こるのかその原因を見ていきましょう。

まずは改めてトップとはどういう状態なのかご説明すると、ボールを打つインパクトでボールの上の方を打ってしまいボールがゴロで飛んでいくか、または低くライナー性の球筋で飛んでいく状態のことです。

このようになる一番の原因は、“ヘッドアップ”にあります。

つまり、ボールの行方が気になりインパクトの前かそれともインパクトと同時くらいにボールの飛んでいく目標方向を向いてしまうことが大きな原因になります。

それでは、なぜ目標方向へ顔が向いてしまうのかというとゴルフがターゲットへボールを運ぶスポーツであるということが大きく関係してきます。

そのため目標物へ近づけば近づくほど目標へ飛ばしたいとか、ちゃんと目標方向へ飛んで行ったかなどの気持ちが強くなり、その気持ちが強くなり過ぎるとインパクトよりも前にそちらの目標方向に意識がいってしまいヘッドアップしてしまいます。

それなので、トップが出てしまう原因としては技術的なミスというより精神的なミスが大きな原因といってもよいかもしれません。

1.トップをなくすために

それでは、どのようにしたらトップが出なくなるのでしょうか。




ヘッドアップがトップの原因なので理想から言えばスイング中インパクトまで顔の向きがボールを見続けており、そしてボールがボールがインパクト後に飛んでいくと同時にボールの行方を追うように顔の向きも徐々に目標方向に向いていくのがよい状態です。

もっと言えばインパクト後にボールが飛んでいってもしばらくの間、顔の向きがボールがあったところを見続けていてもよいくらいです。

ただ理想は頭では理解していてもスイングを開始してしまうと他にもいろいろなスイングの注意点を意識してしまい、ついヘッドアップしてしまうということはよくあると思います。

そうならないためにも何も意識しなくても体が自然にヘッドアップしないようになるまで繰り返し練習をしなければいけません。

その練習法はいくつかありますが、代表的な練習法を一つお伝えします。

その練習法とは、右足の裏にボールを踏んで右腰が少し高くなる状態を強制的に作り、その状態でスイングをする練習法です。(左利きの方は、左足でボールを踏んで左腰が少し高くなるようにしてください。)

この状態でスイングすることによりヘッドアップしたらボールの手前を打ってしまい、ボールにクラブがしっかり当たらなくなってしまいます。

この練習のポイントは、スイング中、常に右腰が高い位置をキープしながらスイングを行うことです。

そして、ボールを打ったあと目標方向に一歩踏み出すくらい右足を出していくとよりヘッドアップしにくくなるので試してください。

この練習法は、ヘッドアップを矯正すると同時に左足下がりの練習にもなりますので非常に効果的です。

先ほどもお伝えしましたが繰り返し練習して意識しなくてもヘッドアップしないようになるまでがんばって行ってください。それができればゴルフのショットが格段に進歩しているはずです。




おすすめの記事