ヒップサークルの踊り方 | ベリーダンスが上達する練習方法

ベリーダンスは腰の動きのバリエーションが豊富で、その中でも基本的な動作の1つとして重要になるのがヒップサークルです。

水平でブレのない美しいヒップサークルを身につけていきましょう。

1.ベリーダンスの大切な基本ヒップサークル

ベリーダンスのヒップサークルは腰を床と平行に円を描くアイソレーションで、大きく回せばビック・ヒップサークル、小さく回せばリトル・ヒップサークルと円を描く大きさによって変化をさせたり、足踏みをしながら動くことで移動したりとバリエーションを増やすことができます。

2.ヒップサークルの練習方法

それでは、ベリーダンスのヒップサークルの練習方法を見ていきましょう。

まず肩幅くらいに足を開き、骨盤は立てた状態でお腹はフラットな状態にし、基本姿勢を作ります。

そこから骨盤はを右→左、左→右と床と水平方向を意識してスライドさせていきます。

次に前→後、後→前とスイングさせていくのですが、このときに骨盤は傾斜させず、前方向はお腹全体を押し出し、後ろ方向は背中は反らないように気をつけて後ろ引きます。




次に前後、左右のアイソレーションをつないで、右→前→左→後と右前回し、左→前→右→後と左後ろ回し、また右→後→左→前と右後ろ回し、左→後→右→前と左後ろ回しというように円を描いていきます。

ヒップサークルの円を大きく←→小さく、速く←→遅くとバリエーションを変えながら練習していきましょう。

ヒップサークルの円がなめらかに描けるようになってきたら、足踏みをプラスして前後、左右へと方向移動をしてみましょう。

3.美しいヒップサークルの上達のコツ

美しいヒップサークルを身につけるポイントは
・床と腰を水平に保つ
・腰のアイソレーションだけを動かす ということです。

ヒップサークルを水平に動かすためには、骨盤を傾斜させないように立てた状態で円を描く必要があります。

その為には円が前を通るときにはお腹全体を前に突き出し、後ろを通るときには背中を反らすのではなく腹筋に力を入れて引くようなイメージで、頭の頂点を中心に円すい状に動く感じにすると綺麗なヒップサークルを描くことができます。

またヒップサークルを大きく見せようと許容範囲以上に動いて、上半身もつられて動いてしまうと、身体の軸がずれてしまい、その結果メインのヒップサークルが際立たなくなってしまいますのでブレないように注意しましょう。




おすすめの記事