蹄の手入れのやり方 | 乗馬前の準備

蹄は馬にとって、とても大切な部分です。

蹄の手入れ具合が悪いと、蹄の病気になりやすくなります。

蹄は馬の重い体重を支えている部分なので、病気になると他の部位にも色々なトラブルが出てきます。

そこで、今回は乗馬前後の蹄の手入れについて説明したいと思います。

1.まずは馬の蹄について

蹄は、競走馬にとっても、乗馬馬にとってもとても大切な部分です。

蹄は馬の重い体重だけでなく、乗馬中の乗り手の体重をも受け止め地面に着地し蹴っていきます。

蹄は人間の指先と同じで、中には骨や神経、そして血管も通っています。

蹄まで届いた血液をまた再び心臓まで返さないといけないですが、蹄は末端なので心臓まで遠く血液を返すのには、力が必要です。

そのため、蹄は着地し体重を受け止めた時に拡張し、地面から離れたときに収縮し、ポンプのような役割もし、蹄まで来た血液を心臓まで返します。

この作用によって血液が上手く循環するのですが、運動不足等で循環が上手くいかないと、肢全体がむくんだりします。

蹄は「第2の心臓」と言われているぐらい大切な場所なのです。

蹄は爪と同じなので、伸びます。

爪が伸びすぎたり、すれ具合のバランスが悪くなると、肢に負担がかかるので、定期的に削蹄(さくてい)と言って、蹄を削ります。

削蹄は加減が難しく、素人さんには難しい作業ですので専門家に任せましょう。

しかし多くの乗馬用の馬は、蹄鉄を装着しているはずですので、定期的に装蹄師さんを呼んで、削蹄と装蹄をお願いしているはずです。




2.乗馬前の蹄の手入れ

乗馬前に馬を馬房から出し、洗い場に繋いだら、まず一番にすることが「うらほり」でしょう。

うらほりとは、うまの蹄の裏の少し空洞になっている部分を「てっぴ」という手入れ道具を使ってきれいにすることです。

馬房に居る間に、排泄物やわら等を踏んだものが蹄の裏に溜まったりしますので、そこに溜まっているものをてっぴでかき出します。

余分なものが溜まったままでは歩きにくいですし、肢に負担もかかりますので、乗馬前にはかならず、うらほりをして下さい。

その際気をつけなくてはいけないのが、蹄の裏には三角形になった「蹄叉」という部分があるのですが、そこは爪の発育や健康の為に大切な部分なので、てっぴで傷つけたりしないように気をつけましょう。

3.乗馬後の蹄の手入れ

乗馬後の蹄の手入れは、蹄をきれいに洗います。

蹄と蹄鉄の隙間に砂が溜まっていたりするので良く洗います。

洗った後は、乾いたタオルで、蹄周辺の毛、蹄の表面そして裏も拭きます。

洗ってそのままにすると、蹄が乾いてしまい、割れたり欠ける原因になります。

また、馬房内で排泄物を踏んだりして、濡れすぎても蹄の病気の原因にもなります。

乾燥予防と蹄を保護するために、馬房に戻す前に蹄油を塗りましょう。

蹄油は蹄の裏から塗りますが、蹄叉の部分には塗りません。

裏に塗ったら、蹄の表面にも塗ってください。

その際、蹄の境目の毛には蹄油がつかないように気をつけましょう。




おすすめの記事