フラダンスのステップ「レレ」の踊り方

ステップはフラダンスの基本です。

歌詞の意味を表現する上半身の動きとは違い、ステップはそのいくつかの組み合わせによって1曲を構成します。

つまり、ステップを覚えることは、フラダンスの上達への第一歩なのです。

ここでは「レレ」の踊り方を説明します。

「レレ」は前後に歩くように進むステップです。

1.基本姿勢

まずはフラダンスの基本姿勢「クウポジション」で立ちます。

足を肩幅に開き、背筋をまっすぐ伸ばして立ち腰に手をあて、そのままの状態で膝を曲げます。

このとき、お尻をつき出したり前かがみにならないように気をつけます。

2.レレの踊り方

(○付数字はカウント数を表します)

クウポジションで立ち、体重を左足に乗せて腰を左に振ります。

①②右足を前に1歩踏み出しながら体重を右足に移し、腰をゆっくり右に振ります。

③④左足を前に1歩踏み出しながら体重を左足に移し、腰をゆっくり左に振ります。

後ろに下がる時は、同じ要領で右足から進みます。

3.注意すること

レレはフラダンスのステップの中でも、比較的簡単なステップですが、体重の移動と腰の動きが滑らかでないと美しくありません。

体重の移動と腰の振りを同時にしてしまうと、腰を斜め前につき出すような形になってしまいます。

前に足を出し「てから」体重を乗せる。体重を完全に乗せ「てから」腰をゆっくり振る。

この「てから」を常に心掛けてください。

そうすれば腰はきちんと横に振れるはずです。

足を前に踏む時は、足の裏全体を同時につくようにします。




つま先から忍び足にように踏んだり、かかとが先についてつま先が上がっていると、おかしな動きになってしますので気をつけてください。

歩幅は一定に、足はまっすぐ前に向けて踏みましょう。

がに股になったり逆に内股にならないようにしましょう。

地面に15cmくらいの幅で書いてある平行線を踏みながら進むようにイメージします。

また、レレで前に進む時には上半身を少し前に倒し、後ろへ進む時にはまっすぐ起こします。(振付によっては後ろに少し倒すこともあります)

この時、背中はまっすぐに伸ばしてください。

背中が反ってしまったり猫背になってしまったりしないように注意してください。

また上半身はまっすぐ前を向け、肩が前に出て体が斜めにならないように気をつけましょう。

4.ヘラの練習方法

レレの体重移動と腰の動きは、カオと同じです。

というよりも、レレは前に進む形のカオだと言えます。

カオと同じく上半身を固定して練習しましょう。

肩と頭が横や上下に動かないように意識してください。

5.まとめ

レレはとてもシンプルなステップですが、フラダンスのステップの基本が詰まったステップです。

ぶれない上半身と、滑らかで美しい腰の動き。

フラダンスの重要なポイントだけで出来ているステップですので、それだけに基本の練習が重要なのです。

また、群舞で踊る時には、横で踊る人と歩幅を合わせて進まなければなりません。

ここではフラダンスの重要なポイントの一つである、協調性が必要になります。

つまりレレの上達のポイントは、フラダンスの基本を忘れないことにあるのです。




おすすめの記事