KSC社について|サバゲー初心者へ教える国内メーカー

サバゲー初心者へ東京マルイ以外のメーカーの特徴を紹介していくコーナー第二弾になります。

今回は、「KSC社について|サバゲー初心者へ教える国内メーカー」を紹介していきます。

1.KSCとは

KSCは、ガスブローバックのエアガンを主力として展開しており、ラインナップの多さは東京マルイより多いです。

サバゲー初心者の方にはおそらくメーカーの名前を知らないという方がほとんどだと思いますが、東京マルイといい勝負をしているメーカーの一つです。

ちなみにラインナップは実銃をモデルにしたものが多数を占めており、内部構造も忠実に再現しており、ライフルタイプも東京マルイより種類があります。

ちなみにサバゲー初心者でもKSCのガスガンを持っている方は、主にサブアームとして使用していル方が多いです。

サバゲー経験者では東京マルイの銃に飽きたとか、他の種類の銃が欲しいと思った人が、このメーカーを選ぶ方が多いです。

それでは次にメリットとデメリットを説明していきます。

1.メリット

メリットはガスブローバック銃の種類の豊富な点です。

ハンドガンからアサルトライフルまでリアルに作ることを念頭に幅広いラインナップや他社にない銃をエントリーさせていたりもしていて、見応えがあります。

また説明書なども細部に渡って、細かく表記されていますので、カスタム時の注意点などの把握もしやすいです。




価格が東京マルイ製と比べると少し高いところが気になりますが、外観の質感や仕上がりを見れば、妥当な価格だと思います。

2.デメリット

デメリットは、ガスガン全般に言えることですが、KSCの場合はマガジンの冷えがかなり激しいです。

下手をすれば1マガジン撃ちきれないほどの状態になることもあり、冬場の仕様はあまり期待できない感じです。

また弾詰まりや等もしっかりメンテナンスをしないと頻度が多くなりますので、管理に手間がかかります。

ただ、室内戦であれば多少の動作は聞きますのでカイロなどで温めながらなら運用できると思います。

2.KSCの魅力

KSCのラインナップの多くはガスガンなので、電動ガン好きには疎遠なメーカーではありますが、ガスガンの種類やギミックは東京マルイと違った魅力があります。

特にマイナーな銃のラインナップが多いKSCは、ガスガンのこだわりが強い人向けのメーカーといっていでしょう。

ちなみにサバゲー初心者がKSCのガスガンを欲しいと思った時、ラインナップの中からおすすめできるのはM93Rです。

これは東京マルイのグロック18Cと同じマシンピストルで、前部にハンドグリップが付いているので、サブアームとしてはかなり心強いと思います。

装弾数もグロックのノーマルマガジンよりは多く、ロングマガジンより短いので扱いやすさもいいので、興味がある方は購入してみてはいかがでしょうか。




おすすめの記事