乗馬が痩せるって本当?意外なダイエット効果に迫る!

乗馬の様子を見ていると、優雅に馬にまたがり楽々と馬に乗っているように見えるものです。

「これってスポーツなのかな?」とさえ思うかもしれません。

しかしやってみるとかなりの運動量があり、効率的に痩せる体を作ることができるんです。

1.乗馬の消費エネルギーはどれぐらい?

乗馬で何をするかにもよりますが、初心者が1鞍45分乗るとしたら200キロカロリーから300キロカロリーの消費量になるでしょう。

これは、軽いランニングと同じほどになり、さらに脂肪の燃焼しやすい有酸素運動で痩せるのに効果的です。

駈歩や障害物飛越などをするようになると、運動量はさらに増え1鞍で500キロカロリーも消費すると言われています。

ダイエットのためだとは言っても、運動が苦手な人にとって45分間もランニングを続けるのはかなりハードなことだと思います。

しかし面白いことに、乗馬での45分間はあっという間に過ぎ、乗っている時には疲労感を感じないという方が多くおられます。

集中力、適度な緊張感、また爽快感などから疲労感を感じないのだと思いますが、馬から降りた時になって、全身運動をした時の心地よい疲れを感じるのです。

2.足痩せだけでなく全身のダイエットに効果的

太ももやふくらはぎをよく使う事からも分かる通り、足痩せにとても効果があります。




初めてのレッスンが終わると脚の筋肉痛が大変で、日ごろ使っていない筋肉をたくさん動かしたんだな、と実感するものです。

しかし、乗馬のダイエット効果は太ももとふくらはぎだけではありません。

馬の揺れは見た目以上に大きく、馬上で正しい姿勢を保ち続けられるかどうかがポイントとなります。

姿勢がくずれると扶助が入らなかったり、落馬の危険があったりするのでインストラクターからは常に姿勢に注意を払うように促されるでしょう。

じつはこれが体幹の非常に良いトレーニングになるのです。

体幹が鍛えられると、馬上だけではなく常の姿勢も良くなり血液やリンパ液の流れも良くなります。

そして体幹バランスを整えるために、インナーマッスルも鍛えられていきます。

すると、身体の代謝が飛躍的に上がり痩せやすい身体を作ることができるのです。

アウターマッスルは体の外側につく筋肉ですが、インナーマッスルは外側からは見えない体積の小さな筋肉です。

そのため、内側から体を支えしなやかで引き締まったボディーにしてくれます。

最近は痩せるために乗馬を始める人が増えています。

辛いダイエットはストレスとなりリバウンドしてしまうこともありますが、乗馬は楽しく続けられる良いダイエットになるでしょう。




おすすめの記事