フットサル初心者のためのスパイクの選び方

一昔前前までスパイクはほとんど黒一色なものでしたが、近年非常にファッショナブルで色鮮やかなものが主流になっていますね。

最初のフットサルのスパイクは選び方に悩む方も多いと思います。

楽しく練習し上達していくためにも、自分のフットサルに合ったスパイクを探しましょう。

1.屋外用スパイク

外でフットサルをする場合に選ぶスパイクです。

フットサルには、屋外用と屋内用で2種類のスパイクがあります。

自分が所属しているチームの拠点がそのどちらかで選びましょう。

屋外用はスパイクという呼び方の由来である沢山のイボイボが靴裏(ソール)についています。

フットサルの屋外コートは芝地や土のコートですから、そことの接地面にあたるソールのイボイボが地面を掴んでグリップ力を得ています。

急なターンやストップでも滑らずに踏ん張れるわけですね。

しかしこのイボイボがあるおかげでソールが固く足に疲労が溜まりやすい欠点があります。

この固さはボールタッチにも影響があり、足裏でのコントロールがしにくくなっています。

自宅などで裸足でボールタッチの練習を行い上達していても、屋外用スパイクだと思い通りにいかないことがしばしばあります。




2.屋内用スパイク

体育館などの中でフットサルをする場合に選ぶスパイクです。

屋内用のスパイクはイボイボがない柔らかいソールで、代わりに細かい溝があります。

この溝が床を捉えてグリップ力を得ます。

イメージとしては学生が校内で履く運動靴に近いです。

ソールが柔らかいので足が疲れにくく足裏のタッチもやりやすいです。

ボールの感触をしっかり感じられるので、キック系のプレイでも違和感を感じずに行うことが出来るでしょう。

また屋内屋外兼用のスパイクもありますが、総じて中途半端なグリップと感触なので、中と外どちらでもプレイするのであればそれぞれをそろえる方が良いでしょう。

グリップが利かずに踏ん張るとかなり危険な転び方をして大怪我に繋がりかねませんので、専用のスパイクでプレイしたほうが安全です。

3.フィット感が大事

自分の足の形にあったものを選びましょう。

フットサルの激しい運動を考えるとジャストフィットしたスパイクが一番だと思いますが、これはなかなか難しい問題なのです。

簡単なのフットサルの専門店で知識が豊富な店員さんと一緒に、ピッタリなものを探すことです。

最初のスパイクですので、色やデザインよりフィット感を大事にして選んで欲しいと思います。




おすすめの記事