フットサルではいくつかのパステクニックを覚えることでプレイの幅が広がります。

覚えやすいパステクニックを習得しさらなる上達を目指しましょう。

1.軸足パス

やりやすく意表をつけるので効果的なパステクニックです。

通常ボールを蹴る場合は降り足で蹴りますが、このモーションにおける軸足をそのまま蹴り足にしてしまうテクニックです。

ボールを蹴る際の軸足の踏み込みをボールに当ててしまい、それによってパスにするので完全にディフェンスの予測するタイミングを外すことができます。

この際あまりにも軸足を当てることを意識しすぎるとボールを踏んでしまい危険です。

フットサルのボールは小さいので気をつけましょう。

他にも注意点として、狙ったところに飛ばすのが難しいことと、あまり強いパスを蹴れないので近くの味方にしか通せないことなどがありますが、タイミングを大きく外せるのでアシスト狙いのパスに使ってみると効果的でしょう。

2.ノールックパス

こちらはパスの出先の読みを外すパステクニックです。

パスはホルダーの目線の先に出るものですから、デフェンスは視線の動きに注意を払って守る者ですが、このテクニックはそれを逆手にとって行うパスです。




フットサルでは主にアウトサイドを使用して行いますが、やりようによっては蹴り方を選びません。

キープ時に一度騙したい方向へ身体を向けたり足裏で舐めたりしたあとに、全く見ていなかった方向にパスをします。

事前にしっかり味方の位置を確認しておくことが大事です。

パスを受ける直前に体勢を動かし、トラップと見せかけてノールックでダイレクトにはたくなどの使い方も効果的です。

色々な状況を想定して使えるように日頃から練習しておきましょう。

3.エラシコパス

ドリブルフェイントでの足技をパスに転用するテクニックです。

エラシコを行うようにしてパスを行い急激にボールの動く方向が変化するためデフェンスは非常に対応しにくいパステクニックです。

エラシコで突破をするよりもエラシコ失敗に近い形をパスにしてしまうので、割合簡単に習得できます。

ただ迅速に行わないと読まれやすく、しっかりと膝を先行させて変化の幅が大きくなるようにしないと狙ったところに飛ばないので、練習によってある程度まで上達してから使用しましょう。




おすすめの記事