ベリーダンスで美しいくびれを手に入れるには?

お腹を出して踊ることの多い踊りだけにベリーダンサーのメリハリボディには目が釘付けに…。
ベリーダンスで手に入れられる美しいボディラインはどんな動作が効果をもたらしているのでしょうか?

1.くびれをつくるベリーダンス

ベリーダンスは体重を落とすためのダイエットという視点ではあまり期待できませんが、女性らしいボディラインを作り上げるということであれば最適なダンスだと思います。

熟練したベリーダンサーのウエストには美しいくびれを見ることができ、スリムな女性よりもふくよかな女性の方が、その効果をより期待できると思います。

では、何故ベリーダンスを続けると美しいくびれを手に入れることができるのでしょうか?

1.骨盤の上下運動

ベリーダンスにはヒップドロップやダウンキックなどのように、骨盤を上に引き上げて落とす上下運動があります。

片側の骨盤を上に引き上げることで脇腹の筋肉を刺激し、勢いよく落とします。

この時、骨盤はぶれないように内腿の力でしっかり受け止めることで、ウエストシェイプにつながる筋肉が鍛えられます。

また逆に骨盤を勢いよく引き上げるヒップアタックも、脇腹を直に刺激してくれますので、左右均等に行うとバランスよく鍛えられます。




2.脇腹をねじるツイスト運動

ウエストのくびれをつくるために、いちばん最適な動作とも言えるツイストは、骨盤を前にねじり上げることで脇腹を絞り、腰まわりを集中的に鍛え上げてくれます。

左右バランスのよいくびれを作り上げるために、ツイストも左右均等に行いましょう。

3.円や8の字の連続運動

ベリーダンスでは腰を床と水平に回すヒップサークルや垂直に回すアフリカンサークル・アミ、8の字に回すフィギュアエイトなど骨盤を動かす動作がたくさんあります。

骨盤を動かすことで血流も良くなり、インナーマッスルが鍛えられることで引き締まったウエストラインになるとともに、ウエストの筋肉が発達することでよりウエストのくびれが強調されてきます。

2.美しいくびれのメリハリボディ

ベリーダンスにはウエスト回りの筋肉を使う動作がたくさんあり、インナーマッスルが鍛えられ、見た目の腹筋は発達していないようでも内部の筋肉が発達しているので、しなやかなお腹の動きも優雅に踊りこなすことが可能になります。

ベリーダンスにはストリートダンス程の激しさはありませんので、連続して動作を行うことができ、呼吸を意識しながら1つ1つの動きを連動していくことで、有酸素運動と同じような効果を得ることができます。

その結果、体重はさほど落ちなくても身体にメリハリが生まれ、美しいくびれを手に入れることができるのです。




おすすめの記事