代表的なヨガの種類や流派について

「ヨガ」と一言で言っても、様々なヨガの名前を耳にすることがあり、ヨガには数多くの種類や流派が存在しています。

はたして、どのような種類や流派があるのでしょうか?

1.伝統的なヨガの種類

数千年、数百年前に確立されてた伝統的なヨガの種類。

[br num=“1”]

1.ラージャ・ヨガ

「古典ヨガ」「瞑想ヨガ」と呼ばれることがあり、主に、瞑想に主体を置いたヨガ。

[br num=“1”]

2.ハタ・ヨガ

プラーナヤーマ(呼吸法)、アーサナ(ポーズ)で構成された動きのあるヨガ。

現在、一般的に「ヨガ」と呼ばれているものの多くは、このハタヨガの流れを汲んでいます。

[br num=“1”]

3.カルマ・ヨガ

「奉仕のヨガ」とも呼ばれ、日常生活を奉仕的な精神で過ごすことを目的としたヨガ。

[br num=“1”]

4.バクティ・ヨガ

神やグル(師)、または愛の対象物に対して、純粋に信愛を注ぐ「信愛のヨガ」。

[br num=“1”]

5.ジニャーナ・ヨガ

哲学や理論的分析により真実を追求する「知識のヨガ」。

[br num=“1”]

6.マントラ・ヨガ

マントラ(真言)を唱えることで、悟りを得るヨガ。

[br num=“1"]

2.ハタヨガから発展した現代の代表的なヨガの流派

ハタヨガの流れを汲んでいるインドを基盤に世界中に広まった流派。




[br num=“1”]

1.アイアンガー・ヨガ

ベルトやブロックといった器具を使い身体を調整していくヨガ。

創始者のBKSアイアンガー氏著の「ハタヨガの真髄」は世界中の多くのヨギー(ヨガをする人、特に男性の意。対する女性は”ヨギーニ”。)が一度は手にする聖典とも言われています。

[br num=“1”]

2.アシュタンガ・ヨガ

運動量が多く、決まった一連のアーサナ(ポーズ)を繰り返し行うヨガ。

アシュタンガ・ヨガの聖地であるインドのマイソールには、世界中のアシュタンギー(アシュタンガヨガを実践しているヨギー、ヨギーニ)が集まり、練習に励んでいます。

アメリカでヨガの火付け役になったパワーヨガも、このアシュタンガ・ヨガをベースとしています。

3.現代人のニーズに合わせてアレンジされたヨガ

伝統的なヨガや、ハタ・ヨガから発展したヨガの流派が数々ありますが、現在ではさらに現代人のニーズに合わせてアレンジされた様々な種類のヨガのスタイルがあります。

例えば、妊娠している方に向けての「マタニティ・ヨガ」、親子で行う「親子・ヨガ」、リラックスを目的にアロマオイルを焚いて行う「アロマ・ヨガ」、高温多湿の部屋でヨガを行い、ダイエットを目的とする「ホット・ヨガ」等 。




おすすめの記事