グリップとアドレスについて | ゴルフのパッティングの基本

今回からゴルフのグリーン上でのプレーであるパッティングについて見ていきたいと思います。

ドライバーでの一打もパターでの一打も同じ一打なので、今回お伝えするパッティングの重要性をしっかり理解して頂き、今後の皆様のゴルフ人生の基本として頂きたいと思います。

1.パッティングの重要性

先ほどドライバーでの一打もパターでの一打も同じ一打であることをお伝えしました。

そして、ゴルフでは“パット イズ マネー(パッティングはお金)”という言葉がある通りパッティングの上手なプロゴルファーはお金を稼げるというくらいパッティングを重要視しています。

パッティングがよければアプローチやセカンドショットでそこまでカップに寄せようと気にする必要もなくなり精神的にも余裕が持ててきます。

パッティングがよければゴルフのプレー全体の流れがよくなるのでショットと同じくらい練習する必要があります。

1.パッティングのグリップについて

では、次に実際にパッティングを行うための準備であるグリップについて見ていきたいと思います。

パッティングのグリップについては明確にこうしなければいけないという握り方は存在しません。

通常のクラブと同じように握る方もみえますし、クロスハンドグリップと呼ばれる通常のクラブのグリップの握りと右手と左手を逆に握る握り方をする方もみえます。

どちらの握り方を選ぶにしても重要なことは、狙ったところにボールをしっかり打つことです。

逆に言えば、ボールを狙ったところにしっかり打てればどのような握り方でもいいのです。




ただ、ゴルフを始めて間もない方などは、通常のショットと同じ握り方をしたほうが統一性があって打ちやすいと思います。

あとは、次に重要なことは狙ったところにボールを打ち出すためにはパターのフェース面を変えたくないので右手の角度を変えないということです。

1.パッティングのアドレスについて

次は、パッティングのアドレスについて見ていきたいと思います。

グリップについてはどのような握り方でもよいとお伝えしましたが、アドレスについては守っておきたいことがありますので見ていきましょう。

まずはスタンスの向きですが、ボールの打ち出したい方向に対して平行に立ちます。

そして、ボールの位置はスタンスの中央に置きます。

アドレスでは通常のショットと同様に体を前傾して構えますので、その前傾した状態で目の真下にボールがくるように置くとよりボールを正確に捉えることができます。

通常のショットと同様にパターでも前傾すると先ほどお伝えしましたが、パターはゴルフのクラブの中で一番短いクラブになります。

それなので前傾角度は、全てのクラブの中で一番深くなります。

腰を痛めている方や腰が弱い方は少しアドレスでの前傾を起こし気味で構えても構いませんが、前傾を深くすることによりボールに近づけるのでよりインパクトでパターの芯にボールを当てやすくなります。

ですから、無理をしない程度に前傾を深くして構えることをお勧めします。

パッティングで構えさえ決まってしまえば狙ったところへ打てる確率が格段に上がるので、今回お伝えしたことをしっかり理解して頂き、練習を積んでください。




おすすめの記事