ハイトの合わせ方|アーチェリーが上達する練習方法

ストリングを張る際、ただ張るのではなく数値を確認することが大切になります。

なんたってアーチェリーは「数字を気にしながら安定した打ち方が必須」なスポーツです。

1.アーチェリーのハイトとは?

アーチェリーは、ストリングを張ったとき常に同じ長さ、同じ力であることが前提となります。

ストリングコードに合わせた長さで、矢が同じ距離から発射できるようにするために「ハイト数」を合わせます。

ハイトとは弦から弓までの距離を測ったときの長さを言います。

1.ストリングハイトについて

ストリングを張り、最初に図る部分を「ストリングハイト」といいます。

ストリングハイトとは、弦からグリップの一番へこんだ部分(ピボットポイント)までを垂直に測ったときの長さをいいます。

ストリングハイトは低い場合、矢飛びが安定するメリットがあります。

しかし、初速が上がりますが、弓のブレが伝わりやすくなることが欠点として挙げられます。

逆にハイト数が高い場合、矢と弓の接触時間が少なくなり、弓のブレが矢に伝わりにくいというメリットがありますが、弓に負担がかかりやすくなります。

2.テイラーハイトについて

リムの付け根から弦までを垂直に測った長さを「テイラーハイト」といいます。

テイラーハイトは、上下のリムの強さを調整するために測るので、必ず上下を測ってください。




2.ハイトの合わせ方

ストリングハイトもテイラーハイトも「Tゲージ」と呼ばれるT字型の定規で測ります。

ハイト数は弦をねじると上がり、緩ませると下がります。

必ず弓を持った状態で測り、毎回測って毎回同じ数値であることが重要です。

ストリングは打っているうちに少しずつ伸びてくるので、弓を組み立てたときと、アーチェリーをプレイする前、最中に測ると良いでしょう。

1.ストリングハイトの合わせ方

ストリングハイトは、まずTゲージで弦からグリップの一番へこんだ部分(ピボットポイント)までを垂直に測り、一番低い数値を取ります。

適正値は弓の種類や、ストリングコードによっても変わりますが、大体8と4分の3~9くらいが適正となっております。

この適正値は3から9の間であればどの数値でも良いですが、重ね重ね申し上げますが、大切なのは常に同じ数値であることです。

目安として、ストリングコードごとに、64インチは8と4分の1~4分の3、66インチなら8と2分の1~9インチ、68インチなら8と2分の1~4分の1が適正となっております。

2.テイラーハイトの合わせ方

テイラーハイトは、リムの付け根から弦までを垂直に測り、一番低い数値を取ります。

なお、ストリングハイトとは違い、上下のリムから測った値の差で合わせます。

一般的にアンダーリムの方が3㎜~10㎜くらい高いようにしてください。




おすすめの記事