ノッキングのやり方とコツ|アーチェリーの基本動作

シューティングラインに立ち、スタンスが決まったらいよいよ、矢を接ぎ打つ体勢に入ります。

アーチェリーをプレイする矢をつがえ、弦に指を取りかける最初の動作を「ノッキング」と呼びます。

1.ノッキングのやり方

初心者の方も閲覧しているかと思いますので、アーチェリーの基本動作としてのノッキングをご紹介していきます。

まず、レストに矢を乗せ、矢の「ノック」と呼ばれる部分を弦につがえます。

タブの人差し指と中指の間に区切りがついているので、ノックを挟むように人差し指、中指、薬指の第一関節を弦に取り掛けます。

弓を持つ側(押し手)はグリップに手のひらが沿うように当て、押しやすいポイントを定めておきましょう。

1.ノッキングの初歩的なミスを防ぐ

アーチェリーを始めたばかりのころは、よくうっかりミスをしてしまう事柄があるので、次は動作ごとに気を付けるべきことを紹介していきます。

まず、矢をつがえる簡単な動作ですが、この時、矢がレストから出ているプランジャーの上に乗っていないか必ず確認しましょう。

確認しないまま打つと、レストアップをしてしまい、矢があらぬ方向へ飛んで行ってしまいます。

弦には「ノッキングポイント」と呼ばれる二つの突起があるので、ノックの向きに気を付けながら突起の間につがえてください。




たいてい、どのノックにも左右どちらかに小さな突起ついているので、左側に突起が来るようにつがえてください。

向きを間違うとせっかく付けたフェザーがハンドルに引っかかり、散ってしまうし、矢の軌道がおかしくなり、うまく的に向かって飛んでくれなくなります。

2.ノッキングのコツ

アーチェリーのノッキングの中にも必要なポイントは多数あります。

1.引き手のコツ

引き手は取り掛けたらあとはなるべく動かさないようにしましょう。

また、手首や手の甲は曲がらないように真っ直ぐにします。

この時、手首や手の甲が曲がっていると指に余計な力が入り、レストアップの原因になってしまいます。

2.押し手のコツ

押し手は親指と人差し指でV字を描くように構え、グリップを「押す」意識を持つとよいでしょう。

初心者の方は指に力が入りすぎ、押すポイントが定まらない恐れがあるので、慣れるまでは中指、薬指、小指は伸ばさず、軽く握ってみると余計な力が入らずに打てると思います。

ノッキングはアーチェリーをプレイし始める際に決まる押し手と引き手の位置を決める大事な動作なので、しっかりポイントを押さえるようにしましょう。




おすすめの記事