ビールマンスパイラルのやり方とコツ | フィギュアスケートが上達する練習方法

だんだん覚えていく技の難易度があがってきました。

今回覚えるフィギュアスケートの技は、ビールマンスパイラルです。

ビールマンと聞くとスピンの方が有名なので、どんな技かわかる方も多いと思います。

背中を大きく反り、足を頭上近くまであげたあのポーズ、あのポーズのまま回転するとスピンになりますが、滑走だけになるとスパイラルになります。

女性のフィギュアスケート選手の殆どが習得している技ですので、ここを見て練習をされている女性にとっては興味をそそる技かと思います。

1.要注意の技

フィギュアスケートの技の中には高難易度すぎて要注意の技がいくつか存在します。

競技選手を目指す方、幼い頃よりフィギュアスケートを習っている方なら、いつかは……とビールマンスパイラルやスピンを習得するために、常に身体の柔軟性に気を配っていると思います。

ここをご覧になっている方の中ですでに成人してしまっている方がいらしたら、危険ですので飛ばしてください。

以前バレエをやっていた、成人してからバレエをはじめたなどで専門家の指示のもと柔軟性に長けるレッスンを積んでいれば、もしかしたらできるかもしれません。

あくまでも、もしかしたら……です。

2.入浴中と入浴後

少しでも可能があるなら挑戦したい、そういう方がいらしたらのために少しでも参考になればと思います。

身体を柔らかくするには日々のストレッチが必須です。

とくに入浴中に身体を解せば、入浴後は比較的身体が柔らかくなっています。




今までできなかったことが稀にできてしまうことも多々あります。

ただ無理強いをすれば変な筋肉痛を伴うこともありますので、自身の限界を知ることがケガ回避と上達に繋がってきます。

真横や前方に足をあげ、顔に付くほどまっすぐにあげることはできても、後方に足を高くあげながら反ることはなかなか難しいです。

たとえばブリッチができるからやれる……と考える方もいると思いますが、ブリッチができてもビールマンスパイラルは反った状態で手足がくっつかなくてはなりません。

思うのと実践するのとでは大違いというくらい、差があります。

あまり上達の成果が出なかった方はやはりここは飛ばした方が無難かと思います。

3.ビールマンスパイラル

正直、この技は上級者向けですので、体操をやっていた、バレエをやっていたなどの経験者でなければ厳しいと思います。

そんな経験者の中で、ビールマンスパイラルのポーズができるようになった人だけ、ここから先を実践してみてください。

入り方は、フォア滑走でアラベスクのスパイラルから身体を反りながらスケート靴のブレードに指をひっかけてポーズをキープがやりやすいと思います。

もしくは蹴った足がフリーになった状態で、スケート靴のブレードを持ち腕の力で足を持ち上げながら反る……といった感じでしょうか。

フィギュアスケート競技の場合は滑らかさなどを見られますが、趣味の範囲であればさほど滑らかさを欠いても問題ないと思います。

完璧にマスターできるようになってから、その辺の練習を積めばようと思います。




おすすめの記事