キャメルスピン | フィギュアスケートが上達する練習方法

フィギュアスケートにおけるキャメルスピンとはスパイラルと同じTの字型の姿勢をとって片足で回転するスピンです。 このスピンは空気抵抗を大きく受けるため回転速度を上げるのが難しいです。またスケーティングレッグは氷に対して平行、或いは少し上まで上げる必要があります。

1.キャメルスピン

フィギュアスケートにおけるキャメルスピンは左足のアウトサイドで滑り体重をしっかり乗せ視線を上げておきます。回転がかかる前にフリーレッグの右足を後ろに上げスパイラルと同じ姿勢を保ちます。

上体を水平に保ちフリーレッグは氷と平行、或いはそれより少し上げる必要があります。上体とフリーレッグでTの文字の形を作ってスピンします。スピン中は形がぶれないように注意する必要があります。顔は上げておきましょう。

スピンの回転が終われば両手を広げて回転スピードを緩めながら上体を起こしてフリーレッグを下げて行きます 。フリーレッグを軸足に近づけた後、踏み替えて右足のアウトサイドで滑りチェックの形を取ります。

キャメルスピンでよく起こりがちなのがフリーレッグの高さ不足です。氷と平行になければいけないのに少し足が低かったり、或いはぶれていたりする場合がよくあります。日頃から陸上で高くあげられるように練習しておきましょう。

伸ばしたつま先は外側にむけ指先までしっかり力を入れると足が長く綺麗に見えます。また空気抵抗を受けやすいですが、左足を軸としてするキャメルスピンの場合、左肩をやや下に向けて、抵抗が逃げやすい姿勢を作るのが良いでしょう。視線は回転方向へ向けてください。




重心の位置を軸足の股関節に置くとぶれずに早く回ることが出来るでしょう。またキャメルスピンが少ししづらい場合は回転に入る動作を焦らず、軸足で滑走を始めてから回転に入るまでループターンの大きな円と同じ大きさの円を描くことを心がけてみましょう。

キャメルスピンの姿勢から体をそらして手伸ばしたフリーレッグを掴んだ姿勢で行うスピンがドーナツスピンです。上空から見た際にはドーナツ型に見えます。

また跳び上がってからキャメルスピンを行うものをフライングキャメルスピンと呼び、跳び上がった際に空中で水平姿勢になってからキャメルスピンを行った場合はバタフライキャメルスピンと呼びます。

2.キャメルスピンのポジション

フィギュアスケートにおけるキャメルスピンは肩のラインの方向を基礎として3つに分類されています。

CFと呼ばれるキャメル・フォワード、肩のラインが氷面に平行になるもので基礎のキャメルスピンになります。

CSと呼ばれるキャメル・サイドウェイズ 、肩のラインを氷面と垂直な位置にまでひねっているものでドーナツスピンなどもこれに分類されます。

CUと呼ばれるキャメル・アップワード、肩のラインを氷面と垂直な位置を越えてひねっているものかなり上を向いている状態と言えるでしょう。バトンキャメルなどがこれに分類されます。




おすすめの記事