シットスピン | フィギュアスケートが上達する練習方法

フィギュアスケートにおけるシットスピンとは片足で立って回転しながらフリーレッグを前に出し、しゃがんだ姿勢で回るスピンです。 滑っているスケーティングレッグの膝と足首がしっかり曲がらないと体重が後ろにいってしまいお尻から転んでしまうので、最初のうちは上手く回ることが出来ないかもしれません。

シットスピンの姿勢の時、スケーティングレッグの膝上の太もも部分が氷と平行、或いはそれ以下でなければシットスピンとみなされません。腰の位置が高いと減点対象になるので気を付けましょう。

1.シットスピン

フィギュアスケートにおけるシットスピンは、左足のアウトサイドに乗り身体全体で前に踏み出していきます。フリーレッグの右足を後ろから前に押し出し、シットスピンの姿勢に入ります。

右足を前に上げたまま軸足であるスケーティングレッグの左足の膝と足首を十分に曲げて上体を落としていきます。バランスを取るには両手を前に出しておき、フリーレッグが氷に付かないように注意します。

フィギュアスケートのシットスピン後は両手を広げながら回転スピードを緩めていき軸足の膝を伸ばしていきます。 上体を起こしたら足を踏み替えて、右足アウトサイドでチェックをした状態で後ろ向きに滑ります。

氷上でなかなか出来ない場合は、陸上で壁や手すりなどを持ちシットスピンの体制が出来るように、またその体勢から立ち上がることが出来るようなになる練習してください。




シットスピンの体制の時のフリーレッグはしっかり前に出すことが大切ですが、指全体が真上を向いているよりも右足の小指が下になっていて、足のまっすぐな直線上につま先が伸びているのが綺麗なスピンの状態です。

2.シットスピンのバリエーション

フィギュアスケートにおけるシットスピンの色々なバリエーションは、フリーレッグを前から横、または後方に出すものをブロークン・レッグ、フリーレッグをつかんで水平にした上半身とぴったりくっつけ頭をフリーレッグの膝の上に乗せたものをキャノンボール、フリーレッグを膝の上に乗せるパンケーキ、さらに足の間から手を下に下げるなど色々な形が見られます。

フィギュアスケートのシットスピンの難しい姿勢のバリエーションでレベルの上の要素としてカウントされるものは、シットフォワードのキャノンボールとパンケーキ、シットサイドのブロークン・レッグ、シットビハインドのフリーレッグを後ろに差し込んだ状態の3つがカウントされます。

フライングシットスピンの場合、フライングの時に足を体の方に引き寄せて高く上がる必要があります。その後着地をして、シットスピンの形で回転することになります。初めから高く上がろうとはせず安定してきてから徐々に高さを出すのが良いでしょう。

スピンは姿勢と共に回転スピードも大切です。正しい姿勢でスピンが回れる様になったら回転スピードを上げる練習をしましょう。スピンは練習量が大切です。安定したスピンが出来るようになるまで、また出来るようになっても何度も繰り返し練習することをお勧めします。




おすすめの記事