バニーホップ | スリージャンプ | フィギュアスケートが上達する練習方法

フィギュアスケートにおけるバニーホップとは、前向きに滑りながら跳び上がり回転をせずに降りるジャンプのことを言います。うさぎのように飛び跳ねることからこの名前が付けられました。

比較的簡単なので初心者のスケート教室などでも練習が行われています。小さい子供のスケーターのプログラムにも良く盛り込まれています。

1.バニーホップ

フィギュアスケートにおけるバニーホップは、左足のフラットで真っ直ぐに滑り、右足を前に振り上げると同時に左足のトゥで踏み切り着氷します。左手は大きく前方に振り上げ、右手は逆に後ろに振ります。陸上で歩く時の手足の動きと同じです。

右足のジャンプをした後に右足のトゥから着氷します。 視線は常に前方を見ています。そのままの姿勢で左足を前に出して滑って行きます。右足を蹴りだしてジャンプする場合はいつも右足です。逆の左足でのバニーホップも練習しましょう。軽く飛ぶ様な感覚を身に付けましょう。

2.スリージャンプ

フィギュアスケートにおけるスリージャンプは、右足を振り上げて空中で半回転体の向きを変えるジャンプで基礎のジャンプとなります。そして右足のバックのアウトサイドで着氷するようにします。

右足のアウトサイドで後ろ向きに滑ります。 フリーレッグは踏み替えの為に左足のつま先を左後方に引いておきます。体の向きを後ろから前に変えながら左足に踏み替えて、左足のフォア・アウトサイドで滑ります。

右足を前方に振り上げると同時に、左足のトゥで踏切、空中姿勢は大きな大の字をイメージします。そして、右足のアウトサイドで着氷してチェックの形をとり、フリーレッグは後ろにしっかり伸ばし両手もしっかり広げます。




フィギュアスケートにおけるスリージャンプのポイントはしっかり左足のフォア・アウトサイドに踏み込むことです。この時に右腰が前に回ってこないように注意しましょう。

右足は前に跳ぶような感覚でしっかりと振り上げます。空中で体を回転させるとともに腰を回す意識はあまり持たないようにしましょう。空中では両手両足を軽く伸ばしておくとバランスがとりやすくなります。

スリージャンプは半回転のジャンプです。ジャンプと言う名前が付いていますので空中に上がって着氷する形になります。しかし、最初は両足ジャンプや片足蹴り上げのジャンプで両足着氷の練習からして、次に片足バックで降りる練習をすると良いでしょう。

1.両足ジャンプ

陸上で飛ぶ両足ジャンプと同じように両膝・両足首をしっかりと曲げてための体制を取ります。勢いをつける必要はありませんが、膝をしっかり伸ばして飛び上がりながら前方へ降ります。

ジャンプをした時や着氷の時にどちらか片方の足に体重が寄らないで、両足でしっかりと着氷をします。またジャンプをする時には腕は脇を開かずに胸の横に落として、胸の前で交差させて腕を後ろから下を通して上へ引き上げる感覚を見つけます。

この時に大切なのが跳び上がった空中での姿勢です。体をしっかり閉めて両手を胸元で しっかりと寄せる感じです。これが出来るようになれば今度は片足を振り上げて飛ぶ練習をしてみましょう。

2.片足蹴り上げのジャンプ

スケーティングの左足は膝をしっかりと曲げ、右足フリーレッグを後方から前方へ大きく蹴り上げて跳びます。そして、空中でしっかりと高さを出し着氷で両手を水平に横に伸ばします。安定したバランスで着氷をしてください。スリージャンプやアクセルジャンプの練習になります。




おすすめの記事