カーブショットのやり方・フォームやストローク | ビリヤードの様々なショット

ビリヤードの様々なショットのひとつとしてカーブショットがあります。

そのカーブショットのやり方・フォームやストロークについて説明します。

1.ビリヤードのカーブショットはどんなショットなのか

カーブショットはビリヤードのショットの中でも華やかで目立つショットのひとつです。

初心者の方にとっては一度は試してみたいカッコいいショットですよね。

普通キューを水平にして手玉を撞いたときは、手玉は真っすぐにしか進みません。

ですので、なんらかの「普通でない状況」がないと手玉にカーブは生まれません。

この普通でない状況には、2つの要素があります。

1.キューを傾ける

ひとつの要素は、キューを傾けて撞くことです。

こうすることで、上から下に手玉を押し付けるように撞くことになりますので、ラッシャと手玉の摩擦を大きくすることが可能になります。

ただ、キューを傾けるだけですと、進行方向に対してカーブを生む横向きの回転が生まれません。

2.左右の撞点を撞く

もうひとつの要素は手玉の左右のどちちらかを撞いて進行方向に横回転を与えることです。

手玉がドリルのように回転しながら前方に進んでいくようなイメージです。

野球をやる人は知っているかもしれませんが、ジャイロボールの回転をイメージしてもよいかと思います。

単純な垂直方向の軸で横回転がするだけでは、ラッシャの上をコマが進むような動きとなり摩擦が生まれずカーブになりません。

ジャイロの回転のようにするには、キューが斜めになり水平軸に近づいた軸で手玉が回転する必要があります。

3.カーブの軌跡

カーブショットの軌跡は、進行方向に等速運動しながら、横回転の力で等加速度運動をしますので、結果として2次曲線の軌跡に近い動きをします。

ですので、円弧を描くようなカーブは存在しません。

2次曲線には極地と呼ばれるカーブの頂点が存在しますので、イメージとしては、曲線で考えるのではなく、カーブの極地点(頂点)がどこにくるかをイメージしてその極地までの線と極地からの線を直線で「くの字」のようにイメージすると読みやすくなります。

2.カーブショットのフォーム

カーブショットは先ほどいいました通り、キューを斜めに傾けて撞きます。

そのためフォームは必然的に縦長の構えになっていきます。

まず、普段は折り曲げている腰と上体を少しずつキューの傾き具合に応じて開いていきます。

このとき右肩の可動範囲に限界がありますので、ある程度キューの傾きが強くなれば、肘を体側に引き、拳だけが徐々に上に上がっていきます。




軸足はJOJOにジョジョ立ちのようになっていきます。(笑)

右肘が上がるにつれて左肘は徐々に折りたたみます。

カーブショットの際は、手玉を上から見下ろすように撞きますので、レストはオープンレストで撞くことが多いです。

撞点の高さをだすために、オープンレストの形は、人差し指を中指に添えて中指、小指、薬指で三脚のようにします。

レールの高さを利用できるときはレールの上にオープンレスト作ることもあります。

3.カーブショットのストローク

カーブショットはオープンブリッジとワンセットのことが多いので、ストロークもあまり大きくとれないことが多いです。

ですので、ストロークの回数をおさえて、キュー先を止めた状態から少し引いて一気に撞き出すようなストロークに自然となっていきます。

4.カーブショットが使いやすい状況

的玉と手玉の間に邪魔玉があるような場合はカーブで回避できるような場合があります。

ただ、このカーブショットは極めて精度の悪いショットなので、厚みがわずかにズレてしまうとポケットできないような配置のときは利用に適しません。

使いやすい状況としては、的玉が穴の前にあって、厚みが適当でも当たりさえすればポケットできるような場合はチャレンジしてみるとよいかと思います。

また、邪魔玉と手玉の距離が近すぎる場合はカーブの量を大きくする必要があって難易度が急上昇します。

なので、15cmから20cmぐらいのところに極地があって、玉数個分のカーブで狙った方向に運べるようなときにチャレンジしてみるようにしましょう。

5.カーブショットは精度の悪いショット

華やかでカッコいいカーブショットですが、玉がまっすぐ走らない分不確定要素満載のショットでもあり、とても精度の悪いショットというのがカーブショットの弱点です。

正確な厚みを必要とするような場合などは利用を避けるようにすることと、クッションの反射を利用して狙うような撞き方もあわせて覚えていくように心がけましょう。

カッコいいショットも失敗すれば単なるミスでしかありません。

できるだけ易しいショットを正確に積み上げていくビリヤードのほうがツウのやり方ですので、カーブショットだけに頼らず別の方法もあわせて練習することをお勧めします。

6.究極のカーブショット

キューをテーブルに垂直に近く構えてつくカーブショットが、いわゆる「マッセ」というテクニックです。

初心者の方が憧れるショットのひとつだと思います。

いずれこうした高等テクニックも習得できるようになりますが、まずはカーブショットで十分練習してから望むようにしましょう。




おすすめの記事