キックショットのやり方と使い方 | ビリヤードの様々なショット

ビリヤードの様々なショットの中のキックショットのやり方と使い方をご紹介します。

1.ビリヤードのキックショットとは

キックショットの定義は諸説ありますが、ここではポケットされる第1的玉をクッションに一旦入れてから第2的玉をキックしてポケット第1的玉をポケットするショットをキックショットということにします。

「キックする」のキックは仮面ライダーのライダーキックのキックのことです。

クッションから跳ね上がってくる玉が別の玉を蹴り上げるように見えることからキックショットと名付けられたのだと思われます。

第1的玉は手玉が最初にヒットする玉でポケットする的玉のことを言います。

第2的玉は第1的玉がヒットする的玉のことを言います。

2.キックショットのやり方

キックショットは第2的玉の位置が大きなカギになります。

第2的玉がクッションから少し離れたところで、なおかつポケットの近くにあるときが狙い目になります。

第2的玉とクッションの距離は玉が1.5個分前後ぐらいが適度な距離になります。

やり方は口で言うのは簡単で、クッションと第2的玉の隙間に第1的玉が挟まるように狙うだけです。

第2的玉とクッションの隙間に挟まれた第1的玉は第2的玉の接線方向に進もうとします。

その接線方向にポケットが待ち構えているわけですから、あまり頭で考えずとも、隙間に入った第1的玉は自然とポケットの方向に進もうとします。

3.キックショットの使い方

第1的玉とポケットの間に障害物となる別の的玉があるような場合で、直接ポケットに狙えないようなときにキックショットが使えることがあります。

先ほども言いました通り、キックショットは第2的玉の位置が大きなカギになります。

毎回毎回都合よく第2的玉が良い位置にある訳ではないので使えるシーンは比較的少ないため、せっかく絶好の配置になっていることを見落としてしまうことも多いです。




さらに手玉と第1的玉と第2的玉とクッションの隙間が直線に近いようなときでないと、なかなか隙間に飛んでいってくれません。

これは普段ポケットばかりを狙って撞くことになれているために中途半端な位置に的玉を狙うことに慣れていないからだと思われます。

これも使えるシーンが比較的少なくなるひとつの原因です。

4.キックショットはツウのショット

キックショットはポケットビリヤードのショットでは希少価値の高いショットで、見逃されがちなショットといえます。

それだけに、的確に使いどころを間違えないでショットを決めきることができれば上級者から見て、「こいつなかなかヤリおるわい!」「ツウなショットを知っとるやないかい!」など少し尊敬の眼差しで見られるかもしれません。

ちょっとオシャレなショットがこのキックショットです。

5.キックショットの応用

配置次第ですが、キックショットはいろいろなショットと複合して使えるショットです。

コンビネーションショットやキスショットと組み合わせて、最後にクッションと的玉の隙間にポケットした的玉が挟まるようになればキックショットは成立します。

6.キックショットとキスショットは表裏一体

必ずそうと言えるわけではありませんが、クッションと的玉の間に的玉が裏で挟まるキックショットと、クッションを使わないで直接第2的玉に表で接触するキスショットはどちらでも狙える場合が多いです。

キックショットでは、わずかに狙えないような配置であれば、キックショットと同時にキスショットの可能性もないか見ておくと良いと思います。

7.どうしてもわからないときは

どうしてもショットの仕方がわからないようなときは、上級者をつかまえていろいろ訪ねてみてください。

決して恥ずかしいことではありません。

「キックはいっときの恥、聞かぬは一生の恥」と言いますからね。(笑)




おすすめの記事