キスショットのやり方と使い方 | ビリヤードの様々なショット

ビリヤードの様々なショットの中のキスショットのやり方と使い方をご紹介します。

1.ビリヤードのキスショットとは

キスショットの定義は諸説ありますが、ここではポケットされる第1的玉を第2的玉にキスさせてから第1的玉をポケットするショットをキスショットということにします。

「キスさせる」のキスはKiss me babyのキッスのことです。

第1的玉が第2的玉に接触してポケットする様子が、通りすがりにチュッとキスするように見えることからキスショットと名付けられたのだと思われます。

第1的玉は手玉が最初にヒットする玉でポケットする的玉のことを言います。

第2的玉は第1的玉がポケットする前にヒットする的玉のことを言います。

同様に第n的玉と言えば第n-1的玉がヒットする的玉のことを言うことにしておきます。

2.キスショットのやり方

キスショットは第2的玉の位置が大きなカギになります。

第2的玉がポケットの近くにあるときが狙い目になります。

そして第2的玉と第1的玉が接するときに第2的玉の接線方向にポケットがあるときが確率よく狙える配置になります。

第2的玉とポケットの距離が長くなればなるほど難しくなり、ショットの成功の確率は下がります。

一般的にビリヤードにおいては、距離が2倍になると4倍難易度が上がるとされています。

ただでさえ入らないのに4倍精度が落ちたら入るはずがないですよね。

やり方は口で言うのは簡単で、第2的玉の接線方向に第1的玉が接するように狙うだけです。

ただし、ここまで書いたことは、いくつかウソが含まれています。

どこがウソかわかる方は、相当ビリヤードの技量が高い方か物理の法則に詳しい方だと思います。

どこがウソかと言いますと、第1的玉が第2的玉に接するときに、第一的玉に回転がかかってる場合があるからです。

手玉がヒットした的玉は接触直後は無回転で動き出しますが、その後ラッシャとの摩擦力によって、次第に前進回転となりさらに距離がある場合には玉の回転速度が玉の進むスピードと同じになる「完全回転」の状態となります。

完全回転は、手玉でいうところのフォロー回転なので、第2的玉に第1的玉が接触する際に、フォロー回転でヒットする場合があるということです。

ですので、必ずしも接線方向に第1的玉が走らない場合もあるということなのです。




なので、接線方向が成り立つのは第1的玉が無回転に近い状態で第2的玉にヒットしたときに限ると覚えておいてください。

3.キックショットの使い方

第1的玉とポケットの間に障害物となる別の的玉があるような場合で、直接ポケットに狙えないようなときにキックショットが使えることがあります。

先ほども言いました通り、キックショットは第2的玉の位置が大きなカギになります。

毎回毎回都合よく第2的玉が良い位置にある訳ではないので使えるシーンは比較的少ないため、せっかく絶好の配置になっていることを見落としてしまうことも多いです。

さらに手玉と第1的玉と第2的玉とクッションの隙間が直線に近いようなときでないと、なかなか隙間に飛んでいってくれません。

4.キスショットはツウのショット

キスショットはポケットビリヤードのショットでは希少価値の高いショットで、見逃されがちなショットといえます。

それだけに、的確に使いどころを間違えないでショットを決めきることができれば上級者から見て、「こいつなかなかヤリおるわい!」「ツウなショットを知っとるやないかい!」など少し尊敬の眼差しで見られるかもしれません。

ちょっとオシャレなショットがこのキスショットです。

5.キックショットの応用

配置次第ですが、キックショットはいろいろなショットと複合して使えるショットです。

コンビネーションショットやキックショットと組み合わせて、最後の第n的玉の接線方向にポケットしたい的玉が接するようになればキスショットは成立します。

6.キスショットとキックショットは表裏一体

必ずそうと言えるわけではありませんが、クッションと的玉の間に的玉が裏で挟まるキックショットと、クッションを使わないで直接第2的玉に表で接触するキスショットはどちらでも狙える場合が多いです。

キスショットでは、わずかに狙えないような配置であれば、キスショットと同時にキックショットの可能性もないか見ておくと良いと思います。

7.どうしてもわからないときは

どうしてもショットの仕方がわからないようなときは、恋人同士で向かいあわせになっていろいろ考えてみてください。

的玉とポケットの距離をここかここかと考えているいる間に

「二人の距離も縮まっておもわずチュッ!」となるかもしれませんね。(笑)




おすすめの記事