フィギュアスケートのスピン、今回はクロスフットスピンをマスターしたいと思います。

このクロスフットスピンは少し前にやった両足スピンが必要になります。

今一度、両足スピンを思いだし、クロスフットスピンを覚える前にしっかりと復讐しましょう。

クロスフットスピンはフィギュアスケートのスピンの中でも高速回転が可能となるスピンです。

フィギュアスケートには華麗さや優雅さなどが多く求められますし、イメージされる方も多いでしょう。

しかし忘れてはいけません。

フィギュアスケートにもダイナミックさを持ち味とした技もしっかりと存在しています。

回転の早さも加わりますので、スピンの基本もしっかりと身体に馴染ませてください。

それらの練習は絶対に裏切りません。

1.足の位置を確認

クロスフットスピンという名称の通り、このスピンは足を交差させて回転する技です。

そのため、足がどうやって動き、最終的にはどうなっているのが正しいのかを覚える必要があります。

スピンの基本はアップライトスピンであると以前もお話いたしました。

クロスフットスピンは軸足でないフリーになっている足を軸足に交差させてから片足スピンから両足スピンへと変わるスピンです。

そこで、アップライトスピンに入ったら、フリーになっている足を軸足に交差させても不安定にならないよう何度もその個所だけを繰り返し練習をします。




足を交差させるのは少し怖いかもしれません。

ブレードの部分があることをしっかりと念頭において交差させないと、エッジの部分で自身の足をキズつけることもあります。

もし、何かに掴まってやった方がいいと思ったら、そうしてください。

軸がしっかりまっすぐになっていれば、そう怖いこともないのですが、はじめてのことはやはり怖いものです。

恐怖心克服は同じことを繰り返すしかありません。

きっとできると信じましょう。

2.クロスフットスピン

足を交差することに慣れたら、あとは交差した足を着氷させて両足スピンへと切り替えれば成功です。

しかしここで要注意です。

はじめに言いましたが、このクロスフットスピンは高速回転もできるスピンです。

足をクロスさせ両足スピンへと切り替わったところで高速回転します。

勢いよく入りすぎないよう、気を付けてください。

片足から両足スピンへと切り替わることがスムーズにできれば完璧です。

そこが上手くいくまでは、あまり回転速度をあげないよう、気を付けましょう。

またこのスピンをする時は、基本的な体勢を崩さないよう会得するほうが上達します。

「スタンドスピンのやり方とコツ」の記事で、スピンで遊び心も……と言いましたが、危険度にも左右しますので、難しい技の時は基本通りがよい練習方法です。




おすすめの記事