今回はフォアとバックの切り返しのやり方とコツについてです。

前進もでき後進もできるようになったら、フィギュアスケート選手が華麗にそれらを切り替えながら滑る、あれを練習して上達したいと思うでしょう。

それにはまず、片足で反転するような動作が必要になります。

その前に、コーナーをクロスしながら滑ることを身につけたいと思います。

1.フォアクロス

クロスと名がつく通り、足をクロスすることでコーナーを曲がりながら滑ることができます。

しかしまだ滑ることに慣れていない状態で足をクロスするにはやや勇気のいることです。

そのため、氷上ではなく慣れ親しんだ床の上で、スケート靴を履いたまま片足で立てるようにしましょう。

それが出来たら足を前にクロスしてください。

重心が軸足に傾き、バランスが崩れるかもしれませんが、その時は手摺や壁などに手をつきながら、スケート靴を履いた状態でクロスする感覚を覚えます。

手摺に頼らずできるようになったらいざリンクの上に。

最初は滑らずその場で足をクロスすることに慣れます。

床の上と違い、氷上は滑りやすくなっています。

普通に立っているだけでも若干滑ってしまうこともあるでしょうが、怖がらずに軸足と交差してください。

何度も繰り返しますが、フィギュアスケートの上達には膝の屈伸が不可欠です。

膝を軽く曲げながら足をクロスすることができたら、次は少しずつ滑ってみましょう。

コーナーに差し掛かったところで足を交差、軸足で氷面を蹴って前に出します。

出した足をまた軸にして片方の足を交差、これを繰り返していくのがフォアクロスになります。

2.バッククロス

バッククロスはバック滑走をしながらコーナーを曲がる時に滑る方法です。




フォアクロスは前に足を交差させましたが、バックはその逆で後ろに交差させます。

なるべく氷上から足を離さないようにして交差します。

曲がる時に内側にきている足を外側に出すような感じで交差を繰り返すことで、バック滑走しながらコーナーを曲がることができます。

3.フォアとバックの切り返し

クロス滑走ができるようになったらいよいよフォアとバックの切り返しについてです。

覚えてしまえばとても簡単なことなのですが、氷上で半回転するのはやや勇気のいることと思います。

しかし怖がっていては上達しません。

そこで、好きなフィギュアスケート選手が華麗に滑っている姿を想像してください。

あんな風に滑りたい、その思いや憧れがあればきっと恐怖心も薄らぐきっかけとなるでしょう。

まずイメージしましょう。

好きな選手はどうやってフォアとバックを切り返していましたか?

あまりにもあっさりとやっているのでなかなか思いだせないと思います。

それほど難しいことでないということです。

膝を曲げ、それを伸ばす時にクルッと半回転、言葉で言えるのはたったそれだけです。

コツは半回転する時、バランスをとるように広げていた手を回転したい方に動かします。

すると身体の上半身が一緒になって動くと思いますので、その動きに逆らわず足元まで回転させる、それだけのことです。

膝を伸ばす時にエッジを浮かせるようなイメージをするのも上達のコツかもしれません。

片足が怖い場合は両足でやってみるのもいいかもしれません。

人によってどちらが簡単か難しいかは変わってきますので、ここではあえてどちらが簡単かは言わないでおきます。

次はストップの仕方のコツについてです。




おすすめの記事