ゴルフキャディバッグの基礎知識と初心者向けの選び方

今回はゴルフのキャディバッグについて見ていきたいと思います。

このキャディバッグというのは、ゴルフ特有の呼び方だとは思いますがゴルフクラブを持ち運ぶためには必要なアイテムになりますので、そのキャディバッグについて見ていきましょう。

1.キャディバッグの基礎知識

ゴルフにおいてクラブが必ず必要な道具であることは容易に理解して頂けると思いますが、ではその最大14本もあるゴルフクラブをどのように持ち運ぶのでしょうか。

さすがに14本ものゴルフクラブを手でまとめて持ち運ぶと考える人はいないと思います。

そのときに登場するのが今回お伝えするキャディバッグです。

キャディバッグはゴルフクラブを収納するだけでなく、たくさんのポケットがついているのでボールを収納したり、例えばレインウエアを収納したりとゴルフにはかかせないアイテムになります。

またラウンドするためには必須のアイテムですのでゴルフクラブと同様に一つは自分専用のキャディバッグを持つ必要があります。

では、キャディバッグにはどのような種類があるのでしょうか。

キャディバッグの種類としては大きく分けて二種類あります。

一つ目は、底が平らで一番一般的なキャディバッグである「カートタイプ」と呼ばれるキャディバッグです。

テレビ中継などでプロゴルファーが持っているタイプのキャディバッグといえば想像しやすいかもしれません。

このタイプのキャディバッグは大きさや色や素材など様々な種類がありますし金額も様々なので、みなさんの使用の頻度やこだわり、好みで選んで頂ければよいと思います。




そして、もう一つのタイプは「スタンドタイプ」と呼ばれるキャディバッグです。

このキャディバッグの特徴は、まず軽量でありキャディバッグを担いでラウンドされる方や練習によく行かれる方などにはお勧めです。

また、スタンドタイプのキャディバッグは、スタンドタイプというだけあって二本の足が出る仕組みになっており、底面と足二本で斜めに置くような形になり安定性もあるので、風の強い日などに練習に行くときは倒れにくいなどのメリットがあります。

あとは、スタンドタイプのキャディバッグのほうがカートタイプのキャディバッグより比較的安価なものが多いというのも特徴としてあげられます。

1.初心者向けのキャディバッグの選び方

先ほどまでお伝えした通りキャディバッグは、カートタイプとスタンドタイプの二種類があることはご理解されたと思います。

そして、最初はどちらを選んだほうがよいかというと、出来るだけたくさん練習をしてほしいという意図からスタンドタイプのキャディバッグをお勧めします。

キャディバッグが重いとやはり練習に持っていくのが思いとなり、結果今日は練習やめようかなあとなってしまわないようにという考えからです。

ただ男性であればカートタイプのプロ仕様のキャディバッグを欲しくなるかもしれませんし、女性でも女性用の軽量型のカートタイプのキャディバッグも出ていますので、まずはしっかり実際のキャディバッグを見ていただいて、担いだりしてもらって重さなど確認してから購入して頂くことをお勧め致します。

キャディバッグもゴルフの大事な道具なのでご自身のこだわりを持って選んで頂ければよいと思います。




おすすめの記事