正しいグリップの握り方 | ゴルフスイングの基本

今回は、グリップの握り方についてみていきます。

クラブと体をつなぐ唯一の部分であり、この部分が安定しないとしっかりとクラブをコントロールを出来なくなってしまうので非常に重要になってきます。

これから始められる人は、まずはグリップの握り方をしっかり覚えるようにしてください。

1.グリップの握り方の種類

ゴルフのグリップの握り方には大きく分けて3種類あります。

どの握り方を選ぶかは個人の自由であり、どのグリップにもそれぞれ特徴があるので何度も握り方を試して頂き、一番ご自身に合うグリップを見つけてください。

握り方は後で詳しくお伝えしますが、まずは3つの種類と特徴をみていきたいと思います。

2.オーバーラッピンググリップ

まず一つ目は、一番オーソドックスなグリップ「オーバーラッピンググリップ」になります。

このグリップは、一番基本となるグリップで特徴は左手の人差し指と中指の間に右手の小指を乗せる方法になります。

この握り方は、右手の感覚を活かせる握り方になります。

3.インターロッキンググリップ

次に「インターロッキンググリップ」と呼ばれるグリップになります。

このグリップは、左手の人差し指と中指の間に右手の小指を絡めて握る握り方になります。

オーバーラッピンググリップの次に多い握り方で、特徴としては右手と左手を絡めているので両手に一体感があり、右手の力を抑える効果もあるので方向性に優れていると言われています。

プロの中でもパワーが強い選手が採用する傾向があります。

4.ベースボールグリップ

そして、最後にお伝えするのが「ベースボールグリップ」と呼ばれる握り方です。

この握り方は、野球のバットを握るように握る握り方で10本でしっかり握るので「テンフィンガーグリップ」とも呼ばれています。




3つのグリップの中で一番使用される割合が少ない握り方ですが、他のグリップと違って右手の小指を左手に乗せたり、絡めたりしないので両手の一体感がなく右手を最大限に使えるグリップになります。

それなので、飛距離を求める場合や力のない方、例えば女性や小さい子が採用する傾向にあります。

1.グリップの握り方

ゴルフのグリップの種類についてお伝えしてきましたが、次は握り方についてお伝えしていきたいと思います。

ベースボールグリップを除きオーバーラッピンググリップとインターロッキンググリップは、ほとんど同じ握り方で右手の小指を左手に乗せるか絡めるかの違いなので一緒に見ていきたいと思います。

まずは、どのグリップも左手から握っていきます。

クラブのグリップを左手の小指の付根から人差し指の第2関節に向かって斜めに握ります。

手の平全体で握るというより指先で握るような感じになります。

そして、左手の指先で握ったら右手の小指をオーバーラッピンググリップであれば左手の人差し指と中指の間に乗せ、インターロッキンググリップであれば左手の人差し指と中指に絡ませます。

その次に右手の生命線を左手の親指に覆いかぶせるように右手を握っていきます。

その時、右手も手の平全体で握るのではなく指先で握るようにしてください。

手の大きさや指の長さは個人差があり、どのグリップが合うかは全てのグリップを何度も試してみないとわからないと思いますが、最初にもお伝えしましたがゴルフのスイングを行ううえで非常に大切な部分になりますので、最初は違和感があると思いますが何度も繰り返しいろいろなグリップを試し、握り直してご自身に合うグリップを見つけてください。




おすすめの記事