膠着する | 乗馬時の馬の問題行動と対処法

乗馬でいう膠着(こうちゃく)とは、馬がなんらかの理由により、扶助や合図に反応しなくなり、固まってしまう状態のことをさしています。

膠着する理由と原因は色々です。

理由も原因もなく馬が膠着することはありません。

今回は、馬が膠着する理由と原因、そしてその対処法について説明したいと思います。

1.馬が膠着する理由と原因

馬が膠着するには、まず周囲の環境に異常を感じて動かなくなってまったり、緊張しすぎて動かなくなってしまったり、又は、乗馬している人間に不満があって、反抗として動かなくなったりと、色々な理由と原因があります。

周囲の環境が関係して膠着を起こすような馬は、物見をする臆病で神経質な馬に多いです。

例えば、馬場の入り口の埒に、誰かのジャケットやスウェットが掛けてあるのに気が付いてしまったが為に膠着する馬も居ます。

緊張して膠着してしまうのは、スタート前のゲートにいる競馬馬に多いです。

人間が本番前にあがって、頭の中が真っ白になってしまう状態と似ているかもしれませんね。

また、乗馬している人間の扶助が一定しておらず、やみくもに蹴られたり、手綱を引っ張られっぱなしにされたり、とにかく馬が不愉快に感じたり混乱するような事を行った場合にも膠着されることはあります。

膠着というのは、何かが張りついて動かなくなった状態を指します。




膠着を起こした馬は、梃子でも動かないのではないかと思うぐらい固まってしまう馬もいます。

2.馬が膠着してしまったら

物見する癖や、緊張によって膠着を起こす場合は、時間を掛けて再調教をしていくことになります。

物見や緊張は、馬の生来の性格にも由来はしているとは思いますが、後天的に現れてきた場合もあると思います。

物見や緊張しやすい馬を治すのは根気と愛情が必要です。

人間と十分に交流し、お互いの信頼関係が築ければ治る場合もあります。

「一人だったら怖いけど、人間が一緒だったら大丈夫、緊張もしない」、と馬が思えるようになれば、膠着癖は軽減されるかもしれません。

乗馬者の扶助に馬が混乱して、膠着を起こした場合は、いったん手綱を緩めてリラックスさせましょう。

ただし、そこで愛撫はしないように、膠着したあとに愛撫をしたら馬は「膠着したらほめられた」と記憶してしまいます。

手綱を緩めても、脚の扶助は緩めないで、馬を歩かす努力をして下さい。

少し、常歩をして落ち着かせてから練習を再開してみましょう。

膠着の度合いにもよりますが、馬に気分転換させることで案外上手くいくことも多いです。

どんな馬の癖でも、愛情と忍耐を持って接することにより、軽減はできますので、カッと怒ったりせずに頑張ってください。




おすすめの記事