自馬を持つには?|乗馬の豆知識

乗馬を始めて、ある程度上達をしたら自分専用の「自馬」を持ちたいと思われる方は多いのではないでしょうか?

しかし、ペットショップのような馬専門店などは見当たりません。

馬はどのようにして購入すればよいのでしょうか?

今回は、自馬の持ち方について少し説明させていただきます。

1.馬はどうやって購入するのですか

馬の値段は、馬の年齢、毛色、調教の進度、血統、種によって値段が決まります。

だいたい、数十万から数百万円と幅が広いです。

調教されているほど価格は高くなります。

多くの競技に出場し、賞を獲得している馬などは、数千万という値が付く馬も居ます。

競馬引退後の馬よりは、乗馬用の馬として繁殖され育成された馬のほうが高価です。

さて、馬はどのように購入すればよいのでしょうか?

一番は、乗馬クラブのオーナーに相談するのが良いでしょう。

素人がいきなり、馬を繁殖している牧場などに行っても、ふっかけられるか相手にされないかです。

あとは、乗馬クラブ内で、自馬を売りに出す方とかもいるので、そのような情報も乗馬クラブのオーナーは知っていますから、やはり、乗馬クラブの方に相談するのが一番です。

ちゃんと試乗もできますので、あせって購入しないようにお気をつけ下さい。

2.自馬の維持費

さて、馬を購入したら、馬はどこへ?

自宅の庭で飼うわけにはいきません。

やはり、預けるとなれば、乗馬クラブです。

乗馬クラブには、「自馬会員」というシステムがあります。

乗馬クラブによってその内容は色々ですが、馬の預託料は一月にだいたい10-20万円前後だと思います。

もちろんもっと高い乗馬クラブもあれば、安い乗馬クラブもあります。

この預託料に含まれるものも、乗馬クラブによってまちまちなので、色々リサーチされたほうが良いです。




基本的には、馬房代、飼葉代、お世話代です。

運動料や調教料、装蹄料、医療費などは含まれません。

馬を購入し、維持するというのは非常にお金がかかります。

獣医さんの往診も、注射一本でも数万円かかります。

装蹄料も数万円かかり、定期的に行わなくてはいけません。

このあたりの事情のため、乗馬は上流階級のスポーツといわれる所以でしょう。

しかし、馬術界も乗馬人口の拡大を願っているので、最近ではお客さんのニーズに応えるために色々なシステムがあります。

「半自馬会員」というのものもあり、馬の預託料や維持費は半額ぐらいになります。

その半分は、乗馬クラブが持ってくれます。

半自馬なので、自分が乗らないときは、乗馬クラブの馬として使用されるので、場合によっては変な癖がついたり、怪我をしたりすることもあります。

しかし、乗馬クラブのほうも、半分はお客さんの馬なので細心の注意を払い、気をつけてはくれます。

自分が乗らないときは、他の人が乗ってくれますので、運動料の節約にはなります。

クラブの馬としても使用しますので、乗馬クラブのほうである程度の調整、調教もしてくれます。

あとは、グループ自馬というシステムを提供している乗馬クラブもあります。

仲良し数人で馬を所有するので、預託料や維持費も折半できます。

あとは、貴方が将来有望な馬術選手であれば、全ての費用を乗馬クラブや、他の会員さんがスポンサーとなって面倒を見てくれることもありますが、それは、全日本、オリンピッククラスの選手にならねば難しいでしょう。

3.自馬を持つメリット

やはり、自分専用の馬を持ち、自分のレベルに合わせて調教し、馬と共に成長していくというのも乗馬の醍醐味です。

何よりも、決まった馬に乗ることは、上達も非常に速いです。

馬術競技選手などが、自分専用馬を持つのはその為です。




おすすめの記事