小内刈(こうちがり)のやり方|柔道の投技

多分、柔道をどこかで聞いたことやテレビで見たことがあると思います。

知っていても、「格闘技」「武道」というイメージだと思います。

しかし、柔道というものはとても奥が深いのです。

そこで、今回は、柔道とはどういうものか、柔道の投技について小内刈のやり方を説明したいと思います。

1.小内刈とは

まず、柔道における小内刈について説明します。

小内刈は、足技の1つです。

足の全体を使って相手の内股を刈ることで投げる技です。

大内刈とは違い、一本を取りにくい技ですが、相手のバランスを崩したり、技ありをとりやすい技です。

また、相手のバランスを崩しやすいことから、一本を取りやすい技につなげて小内刈をする人が多くいます。

2.小内刈のやり方

次に、小内刈のやり方について説明します。

柔道には右と左があるので、小内刈も右と左があります。

今回は、右の小内刈を説明していきます。

相手と組んだ状態で、右足を相手の前に踏み込み、相手と両足と自分の右足で二等辺三角形を作ります。

左足を、自分を中心に反時計回り回して相手の左足の前に移動させます。

この時、上半身は、釣り手である右手は、相手のあごを突いて、引き手である左手は、自分の左腰にくっつけます。

次に、右足のつちふまずを使って、相手の右足の指の方向に、アキレス腱あたりを刈ります。




最後に、釣り手で相手を押して投げます。

左の小内刈をする場合は、以上の動作の反対を行ってください。

3.小内刈のポイント

小内刈のポイントは、タイミングと思いっきり技をかける心です。

小内刈は相手の内股から外側に向けて相手の足を刈ります。

そのため、相手の足の内側に足を入れないといけません。

相手は、常に入りやすい環境にはしてくれないので、相手の両足を広げたり、相手が動いたタイミングを見計らってかけないといけません。

もう1つは、思いっきり技をかける心です。

小内刈は、一気に相手と密着しなければいけません。

そのため、相手も投げやすい状態になるのです。

それに怖がってしまい、思いっきり入らないでいると、相手がさらに投げやすくなってしまいます。

そのためにも、相手に投げられるのを恐れずに思いっきり小内刈をかけましょう。

4.様々なバリエーションの小内刈

先ほど説明した小内刈は、一般的な小内刈のやり方です。

強い柔道選手になると、独自のやり方の技を作ります。

そこで、例として独自の小外刈のやり方について説明します。

本来は、相手の足の指の方向に刈るのが小内刈ですが、真横に刈ります。

こうすることで、相手が足を広げた状態になりバランスを崩します。

これ以外にも、柔道の強い選手は、独自のやり方を持っています。

以上のことが小内刈についてです。




おすすめの記事