柔道家のための食事の摂り方やメニューについて

多分、柔道をどこかで聞いたことやテレビで見たことがあると思います。

知っていても、「格闘技」「武道」というイメージだと思います。

しかし、柔道というものはとても奥が深いのです。

そこで、今回は、柔道家のための食事の摂り方やメニューについて紹介したいと思います。

1. 柔道家のための食事の摂り方やメニューとは

どのスポーツにも同じことが言えますが、食事は重要です。

なぜなら、食事は、体作りのために重要だからです。

柔道が強くなるためには、技術はもちろんのこと体づくりは大切です。

体は土台であり、多くの技術ができるようになります。

また、柔道には階級があり、試合に出るために増量や減量をしなければいけないので、食事の摂り方やメニューは柔道と切っても切り離せない存在です。

2. 柔道家のための食事の摂り方やメニュー

柔道家のための食事の摂り方やメニューとして、普段の食事・増量・減量時の食事について説明していきます。

1. 柔道家のための食事の摂り方やメニュー|普段の食事

最初に普段の食事ついて説明します。

普段の食事は、もちろんのことですが、沢山食べることは大切です。

あと、筋肉量を増やすため、たんぱく質の摂取を増やした方がなお良いです。




一番の理想として、運動量に見合った食事量が望ましいです。

つまり、あまり体重の変動がないけれど、体が引き締まってくるのが一番の理想です。

ただし、柔道には階級があり、出場したい階級の体重にしなければいけない時があります。

男子の場合は、60・66・73・81・90・100・100超があります。

女子の場合は、48・52・57・63・70・78・78超があります。

だいたい、自分が出場する階級の少し上くらいにしている人が多いです。

2. 柔道家のための食事の摂り方やメニューについて|増量

増量とは、体重を増やすことです。

理想としては、筋肉量を増やした増量がいいので、プロテインの摂取を増やします。

だいたい、1日4〜5回にします。

特に、寝る前に飲むと筋肉量を増やしつつ増量ができるので、寝る前にプロテインを摂取するのをおすすめします。

3. 柔道家のための食事の摂り方やメニューについて|減量

減量とは、体重を減らすことです。

理想としては、脂肪を減らした減量が望ましいです。

なので、食事では、炭水化物を減らしたい食事を取らなければいけません。

また、一食分をプロテインに変えたりするのもおすすめです。

以上のことが、柔道家のための食事の摂り方やメニューについてです。




おすすめの記事