柔道の実践や護身術としての強さについて

多分、柔道をどこかで聞いたことやテレビで見たことがあると思います。

知っていても、「格闘技」「武道」というイメージだと思います。

しかし、柔道というものはとても奥が深いのです。

そこで、今回は、柔道の実践や護身術としての強さについて紹介したいと思います。

1. 柔道の実践や護身術としての強さとは

率直に柔道の実践や護身術としての強さは非常に強いと思います。

筆者は、幼い頃から柔道をしていることもあり、他の格闘技と比べて非常に実践や護身術として重宝できると思います。

柔道は、立技と寝技もできる格闘技だからです。

また、柔道は、相手との間合い、相手の体重をコントロールする技術も高まります。

何より、受身を徹底的にするので自分へのダメージがとても低いです。

2. 柔道の実践や護身術としての強さ

柔道の実践や護身術としての強さとして怪我の防止・相手との間合い・相手をコントロールできるの3つといえます。

一つずつ説明していきます。

1. 柔道の実践や護身術としての強さ|怪我の防止

まず、柔道の実践や護身術としての強さとして怪我の防止です。

柔道では、受身を徹底しておこないます。

受身は自分の身を守るためにします。




そのため、強い衝撃を受けて転んでもダメージを削減することができます。

2. 柔道の実践や護身術としての強さ|相手との間合い

次は相手との間合いです。

柔道の経験を積んで、柔道を実際にしていると、相手に投げられそうな時や自分が投げられそうな距離がわかるようになります。

これは、実践や護身術でも同じです。

自分が危険な時と安全な時の相手との距離がわかるようになります。

なので、誰かに襲われそうになった時、常に安全な相手との距離がわかるようになります。

3. 柔道の実践や護身術としての強さ|相手をコントロールできる

最後に、相手をコントロールできるようになります。

相手をコントロールとは、相手の体重移動をコントロールできるという意味です。

実際の柔道では、相手のバランスを崩して投げることができます。

実践や護身術でも同じことができます。

なので、実践や護身術として柔道を使う場合、相手をコントロールして制圧することができます。

柔道は立った状態、寝た状態で対応できるのでどんな状況でも対応することもできます。

ましてや、普段、柔道をしている人同士が、一般人を相手にすると子供のように対応できると思います。

以上のことが、柔道の実践や護身術としての強さについてです。




おすすめの記事