柔道の準備運動やストレッチについて

多分、柔道をどこかで聞いたことやテレビで見たことがあると思います。

知っていても、「格闘技」「武道」というイメージだと思います。

しかし、柔道というものはとても奥が深いのです。

そこで、今回は、柔道の準備運動やストレッチについて紹介したいと思います。

1. 柔道の準備運動やストレッチとは

どのようなスポーツでも同じことが言えますが、準備運動やストレッチは怪我の予防や良い動きをするためには必要です。

柔道は、転がったりするので回転運動をしたり、体が柔らかくないといけないことからストレッチを入念したりしないといけません。

また、激しい競技のため、体をあっためてすぐに激しい動きをしても怪我をしない状態にしなければいけないのです。

1.柔道の準備運動

柔道の準備運動は説明をしていきます。

柔道の準備運動は、その人によって様々なためどれが正しいとはいえませんが、筆者が考えうる一般的な準備運動を説明していきます。

柔道の準備運動は、一般的な学校の体育の授業前にする体操から始まります。

体操が終わりましたら、回転運動をします。

これは、格闘技や柔道ならではの準備運動になります。

前転や後転などの一般的な回転運動をした後に、受身の回転運動をおこないます。




受身の回転運動では、前受身、後受身、横受身、前方回転受身が一般的におこなわれています。

受身が終わりましたら、寝技の補強といわれている寝技の準備運動をします。

一般的に、しぼり、エビ、逆エビ、横エビなどが一般的におこなわれています。

これらが終わると、柔道の練習に移行していきます。

2.柔道におけるストレッチ

柔道のストレッチについて説明していきます。

柔道のストレッチは練習後にすることが多いです。

なぜ、練習後にすることが多いのかというと、その日の柔道の練習の疲労を残さないようにするためです。

よくあるストレッチの流れでいうと、座った状態で両足を伸ばして体を前に倒す。

両足を外側に開いて左右前と上半身を倒す。

足の裏を合わせて股関節を伸ばす。

そのほかにも、様々なものがあります。

2.様々な柔道の準備運動やストレッチ

柔道には、様々な準備運動やストレッチがあります。

最近では、ゲーム感覚でできる準備運動したり、2人でストレッチをしたりなどしています。

ただ単純に行うだけではなく、楽しく柔道ができる仕組みが作られています。

以上のことが柔道の準備運動やストレッチについてです。




おすすめの記事