上四方固(かみしほうがため)の基本|柔道の固技

多分、柔道をどこかで聞いたことやテレビで見たことがあると思います。

知っていても、「格闘技」「武道」というイメージだと思います。

しかし、柔道というものはとても奥が深いのです。

そこで、今回は、柔道とはどういうものか、柔道の固技について上四方固の基本を説明したいと思います。

1.上四方固とは

まず、柔道における上四方固について説明します。

上四方固は、寝技で相手を抑え込むための固技です。

そもそも、柔道は、相手を投げることだけで勝敗が決まると思われていますが、それ以外にも、抑え込みという、相手の動きを一定時間固めたり、締めや関節で相手を固めて降参させることで勝敗を決めることができます。

上四方固は、実際の柔道をしている時に使うことが難しい固技ですが、決まると逃げられにくいです。

2.上四方固のやり方

次に、上四方固のやり方について説明します。

本来、柔道には右と左がありますが、上四方固は、右と左がありません。

まず、相手にバンザイしているように仰向けになってもらった状態で、相手の頭側に移動します。

両手で相手の両肩の下からすくうようにして帯を持ち、脇を締めて相手の上半身を固定します。

両足は、伸ばしてバランスをとりつつ、床と自分のお腹で相手の頭を挟むようにして相手の頭を固定します。




3.上四方固のポイント

上四方固のポイントは、首を固めることと粘り強い心です。

抑え込みで重要なことは、首を固めることです。

人間は、首を固定されるとその固定された方向にしか動くことができません。

そのため、手や足を固めるより、相手の首を固めることを最優先します。

上四方固の場合でいうと、左手と左肩で相手の首を挟んで固定します。

もう1つは、粘り強い心です。

立技は一瞬で勝敗が決まるのに対して、勝敗が決まるのに時間がかかります。

抑え込みでも、相手を20秒間固めないといけません。

なので、相手が必死になって抑え込みから逃げようとしているのに対して、粘り強い心を持って、相手を抑え込み続けることが大切です。

4.様々なバリエーションの上四方固

先ほど説明した上四方固は、一般的な上四方固のやり方です。

強い柔道選手になると、独自のやり方の技を作ります。

そこで、1つの例として独自の上四方固のやり方について説明します。

本来は、両手で相手の両肩の下から帯を持つのですが、片方を相手の肩の上からもって相手と少し斜めの状態から相手を抑え込みます。

こうすることで、右から左、左から右のように片側に集中して固定できます。

これ以外にも、様々な独自の上四方固があります。

以上のこと上四方固についてです。




おすすめの記事