フィギュアスケートのスピンの中でも一番美しいと言われるレイバックスピン、今回はこちらを覚えていきましょう。

このレイバックスピンが出来たらと思った方も多いと思います。

回転すると衣装のヒラヒラが舞っているように見え、その中心で綺麗な指先の演技をすると、その一点だけが華やいで見えるものです。

憧れのスピンです。

レイバックスピンが出来たら、フィギュアスケートの優雅さをまたひとつマスターしたことにもなりますので、頑張ってみましょう。

1.基本はアップライトスピン

アップライトスピンの時にもいいましたが、スピンの基本中の基本がアップライトスピンです。

このアップライトスピンにバリエーションを加えたものが、レイバックスピンになります。

ここ何回かずっとスピンをやっていますので、もうアップライトスピンは完璧にマスターしていることと思います。

少し不安を感じる場合は、基本のアップライトスピンを試してください。

違和感などがありましたら修正することをお勧めいたします。

2.上半身を反る

レイバックスピンがフィギュアスケートのスピンの中で一番美しいのは、身体を反った状態でスピンするからです。

身体を反った状態で完成する技は、このレイバックスピンに限らず、とても綺麗に見えます。

しかし、身体を反ったままをキープするのは見た目以上に大変です。

両足のまま身体を反ってみてください。




想像以上に不安定さを感じると思います。

危ないと感じたら身体を起こすなり、手摺に掴まるなどしてください。

人によっては眩暈のようなものを感じる場合もあると思います。

いつもと体調が違うと感じたら、すぐリンクから上がり休憩をしましょう。

身体を反ることに慣れたら、手摺に掴まりながら片足になり反ってみてください。

手摺から離れてみたり、少しずつ片足のまま身体を反った時の感覚を自覚していきます。

繰り返し練習することで身体が慣れていきます。

3.レイバックスピン/h3>
反る体勢に身体が慣れてきたら、いよいよフィギュアスケートのスピンの中で綺麗なレイバックスピンの実践です。

まず、回転しながら身体を反った時の感覚を覚えます。

そのため、いきなり片足ではなく両足スピンをしながら軽く反ってみてください。

バランスをとるために両手を広げてみても大丈夫です。

また自身で一番バランスを取りやすい手の位置をここで覚えてください。

両足スピンをしている時に、片足をあげてみてください。

どんな感じでしょうか。

軽く程度ならやれそうでしょうか。

フリーの足の位置は高く上げなくてはいけないなどのことはありません。

両足スピンにならなければよいので、フリーの足の位置よりは緩やかに身体を反ったまま回転できる、そちらの上達を重視して練習をしましょう。




おすすめの記事