ショートボードのバックサイドでのボトムターンのやり方 | 趣味のサーフィン

サーフィンに慣れてきたとき、主に視界が良いフロントサイドで様々なテクニックを出せるようになってくると思います。

楽しく、上手に滑れる方向でばかり乗りがちになるのですが、いざバックサイドで乗ってみると、全く乗れないのでは話になりません。

波のブレイク状態や状況に応じて、バックサイドでも乗りこなせてこそ、幅広い波に上手に乗ることが出来るサーファーと言えます。

実際、バックサイドには苦手意識がある人が多いと思います。

私自身もそうで、好きなスタンスはフロントサイドです。

ですが、バックサイドでサーフィングを思うようにできた時、これはこれで新鮮で非常に気持ちの良い快感を味わうことができます。

ここでは、ショートボードのバックサイドでのボトムターンのやり方についてご紹介します。

1.肩がしっかり開いているか意識する

バックサイドでは背中側の視界が狭いため、苦手意識を持つ方が多いのでしょう。

また、サーフィング中、肩を閉じていると、進行方向の視界が更に狭くなってしまいます。

ボトムターンの時には、肩が閉じていると、レールが引っ掛かり転んでしまうこともあります。

ボトムで肩がしっかり開いていれば、自然とトップに向かっていくようになるので、まずは肩をしっかり広くことに意識をしてトレーニングをしてみて下さい。




2.バックサイドでのボトムターンの流れ

テイクオフ後は、先ずは勢いよくボトムを目指して滑り降ります。

スピードが少しでも速くなるように、重心は後側のまま、やや前寄りの荷重を増やし加速させます。

さらに腰を落とし、背中側のレールへしっかりと体重を乗せ、身体を波側へ倒していきます。

顔と肩は行きたい波の方向へとしっかりと向け、後ろ側の手については、バランスを取るようにしましょう。

そして、更に腰を波側へひねり、肩をしっかりと入れていきます。

前側の手はおしりの後ろへ持っていくイメージで、波のトップへしっかり視線を向け、ボトムでのタメをしっかりつくります。

次の進行方向となる波のトップが定まったら、今まで縮めていた膝を伸ばすと同時に後ろ足に体重を掛けます。

この時、後ろ側の手を進行方向を先導するように前へ肩ごと回し、前川の手をおしりから後方へ、円を描くように肩を回し体重を掛けます。

この時も、視線や顔をしっかりと進行方向を見続けたままキープしてください。

すると、サーフボードのテールを中心にターンをし始めます。

フロントサイドでボトムターンがしっかり出来る人は、基本的な原理は理解しているはずなので、あとはバックサイドでの練習を重ねるのみです。

苦手意識をトレーニングすることにより克服し、様々な波に対応できるよう頑張って下さい。




おすすめの記事