サーフィン初心者はスクールに行ったほうがいい?

サーフィン初心者の頃は、一人で海に行くより、サーフィン経験者の友達やサーフィンスクールに参加することをお勧めします。

何故なら、海は常に危険と隣り合わせですので、何も知らない初心者の方が一人で海に入ることは非常に危険といえます。

1.初心者サーファーにとって有意義なスクール

まず、初心者の方には海に入る上で、知っておくべきルールがたくさんあります。
ルールはたくさんの方が同じ場所でサーフィンを楽しむ上で非常に大事なものであり、ルールを知っていなければ怪我をしたり、させてしまったりする恐れがあります。

サーフィンのスクールでは、そういった大事なルールを教えてくれますし、万が一事故があった時の傷害保険にも加入することになるので安心です。

2.上達への近道

サーフィンは我流で上手になる方もいらっしゃいますが、やはり基本的な動作を最初にしっかりと身につけることが大事です。

それを手助けしてくれるのがサーフィンスクールです。

さらに、パドリングの姿勢やテイクオフのタイミング、ボード上での立ち位置等、上達に向けたアドバイスを的確に教えてくれるでしょう。

一人でサーフィンをしていても、自分の悪い癖や一つ一つの動きの中で、どこに問題があるのか、なかなか気付く事ができませんので、こういったアドバイスを貰えることは上達に向けた近道だと言えます。




逆に、パドリングやテイクオフを難なく出来るようになってからは、スクール選びも慎重に行う必要が出てきます。

スクールで何を学びたいのか、自分にとってのステップアップのための内容であるのか、ある程度の情報も収集しておかないと、いつまでも基本的な動作の練習ばかりするスクールに通っていても意味はありません。

3.スクールメリット

サーフィン初心者がスクールに参加するもう一つの大きなメリットがあります。

サーフィンを始めるには、サーフボードやウェットスーツ、リッシュコード、様々な道具が必要となりますが、レンタルで借りられることです。

全て購入して揃えるには高額となってしまう上に、自分の体形やレベルに合っていない場合、最悪の場合は買い直したりしなければなりません。

その点、スクールでは一旦レンタルで使用することができるので、自分にどういったサイズが合っているのか等しっかり確認することが出来ます。

さらにサーフショップが開催しているスクールであれば、購入する道具に関して、より確かな情報やアドバイスを貰えることもあるでしょう。

初心者の方にとって、サーフィンスクールに参加することは、コスト面や身を守るための安全、上達に向けた練習など、あらゆる点でメリットがあると思いますので、サーフィンを始めようと思っている方は、是非スクールを探してみて下さい。




おすすめの記事