サーフィンで大切な瞬発力を鍛えるトレーニング

サーフィンでは波のスピードや状態を目で確認した後、次の動作を判断し、即座に波に合わせた行動をし続けることが必要です。

そこには瞬発力が欠かせません。

良い波が来た時に有利なポジションまでパドリングするにも、テイクオフ時の動作などにも瞬発力があればある程、次のステップアップにも繋がるものです。

ここでは、サーフィンで大切な瞬発力を鍛えるトレーニングについてご紹介します。

1.瞬発力の必要性とトレーニング

パドリングの基本動作や必要な筋力についてもトレーニングで養う必要がありますが、瞬発力についても非常に重要です。

パドリングが遅れることにより波に乗り遅れてしまうことがありますし、大きな波が来た時に避けていく時には、遅れる事で波に巻かれてしまうことがあります。

瞬発力は、サーフィンの上達の他に自分の身を守るためにも必要なスキルだと言えます。

では実際にどのようにトレーニングするのかというと、私の場合は腕立て伏せやスクワットです。

やはり、パドリングやテイクオフに必要な筋力をまず鍛え、すばやく行えるようにすることが大事です。

波はいつも同じサイズ・スピードでやって来ることはまずありえません。
都度、質の異なる波がやってきて、テイクオフをするタイミングやパドリングをおこなうタイミングも異なります。




まず経験や波を見る目、判断力が必要ですが、瞬発力がなければ、あらゆる波に対応が出来ません。

2.テイクオフトレーニング

波質に対して、スピードやタイミングは若干異なりがありますが、基本的な動作は同じです。
私は陸上でもテイクオフの動作トレーニングをイメージしながら練習しました。

うつ伏せになり、背中を反りパドリングの練習を行い、波が切りたって来た事をイメージしながら、テイクオフの動作練習を行います。

腕立て伏せの要領でプッシュアップし、来た波をイメージしながら進行方向や体重移動を考えて、ゆっくり立っていく。

このような練習を反復して行うことで、瞬発力だけでなく、筋力アップ、イメージトレーニングにもなり、効果的であると思います。

他にも、即座に身体を動かす練習として、クラウチングスタートによる短距離走なども良いかもしれません。

サーフィンは判断力、筋力、持久力に加え瞬発力など、あらゆる能力が必要となります。
サーフィン歴が長くなるにつれ経験を積み、養われていくものがほとんどですが、初心者の方はぜひ、陸上でのトレーニングも意識的に行うことでサーフィンの上達に向けましょう。




おすすめの記事