サーフィン初心者がパーリングしてしまう原因と対策

パーリングとはテイクオフをする時に、波とのタイミングが合わずサーフボードが波に巻かれ、身を投げ出されたりすることです。

特に初心者の方は、テイクオフのタイミング、サーフボード上の立ち位置、重心位置などを誤るとすぐにパーリングをしてしまいます。

慣れない内はパーリングをすると波に巻かれ恐怖心を覚えることもあると思いますが、初心者がパーリングをしてしまう原因と対策をしっかりと覚えておき、サーフィンの上達に向け練習しましょう。

1.パーリングの原因

パーリングとなる原因は様々にありますが、一番の原因となるのがテイクオフ時の体勢やタイミングでしょう。

波が近づいて来ているのを確認し、ある程度パドリングをすると、波がサーフボードのテール側を持ち上げていき、サーフボードが波を滑り下りようとします。

その時はすでにテイクオフをしているもしくテイクオフ寸前の体勢を整えておく必要があります。

体勢の準備が遅く重心が高いと、バランスが不安定となりサーフボードから振り落とされるか、サーフボードだけが勢いよく波に押されて進み出してしまいます。

パーリングで怖いのは、バランスを崩し身体がサーフボードから離れた後、自分の前にあるサーフボードに波の上から叩き落とされ、さらに波に巻かれてしまうことです。




波のサイズが大きく早くなるに連れ、波のスピードが速くなるに連れタイミングもシビアとなり、最悪の場合、大きな事故にも繋がる恐れがあるので、パーリングに関してはしっかりとこれらの原因と次の対策について理解と経験を深めておく必要があります。

2.パーリングの対策

パーリングを防ぐには、都度波の大きさ・スピードに合わせて、機敏な動きでテイクオフの体勢を整え、重心を低く保ちながら、サーフィングをおこなうことです。

その為には、波を待つ位置、パドリング、テイクオフのタイミング等、総合的な対応力や判断力が求められます。

海の中でしかトレーニングできないことの方が多いですが、陸の上でも寝そべった体勢からテイクオフの体勢に身体を動かすトレーニングが可能です。

また、浜辺からサーファーを眺め、パーリングせずに上手にサーフィンをしている人、パーリングしてしまう人を見つつ、原因と対策について考えてみるのもいいでしょう。

初心者のうちは、パーリングで怖い思いをすることもあるかもしれません。
しかし、恐怖心だけが残れば次に進めません。

対策となる動きのトレーニングをしっかり実践で行い、経験を積むことで、あらゆる波に対応し、サーフィンを楽しむ幅がどんどん広がっていくはずです。

失敗を恐れず、どんどん失敗しながら上達を目指してトレーニングを行いましょう。




おすすめの記事