ショートボードのパドリングのやり方|趣味としてのサーフィン

パドリングとはサーフボードに対してうつ伏せに寝転がった状態で、クロールのように手で水をかき分けていき、サーフボードに推進力をつけることです。

1.パドリングの役割

パドリングはテイクオフをするために、一番大事な役割だといってもいいでしょう。
パドリングがうまくできないと、サーフボードが前に進まず、波のスピードに合わしていく事も出来ないため、テイクオフにも繋がりません。
パドリングの役割とは、サーフボードにしっかりスピードをつけて、推進する力を生み出すことです。

2.パドリングの正しい姿勢と動作

サーフィンを始めたての頃は、サーフボードにまたがったり、うつ伏せに寝転がることさえ難しかったことを覚えています。
今回その部分については省略させて頂き、パドリングの正しい動作についてお話しようと思います。

パドリングの正しい姿勢は、まずはサーフボードが安定するバランス位置へ体の重心を置き、上半身は少し反らせた姿勢です。

体を反らせた状態で顎は引き、進行方向を見ながら、左右の腕を交互に前から後ろ、前から後ろへと、クロールの要領で海中をかいていきます。

この時、腕はなるべく、サーフボードに近い位置をかぐようにしましょう。そして、なるべく前の方から後ろの方へとしっかりとかぎます。




そうすることで、サーフボードを安定させて、バランスを保ちつつ推進力をつけていけます。
パドリングは波に乗る前におこなう他に、沖の方に移動する時、岸に帰るために移動する時など、必要な場面が非常に多いので、しっかりと身につける必要があります。

3.パドリングをするタイミング

パドリングとは結構な体力がいる動作です。ただ闇雲にしていても、意味が無く、パドリングを行うタイミングがありますのでご説明致します。

波が沖からやってきたことを確認し、その波に乗ろうと決めた後、サーフボードの向きを岸側に向け、パドリングを開始します。

この時、乗ろうとしている波と自分との距離がどれくらいあるのか、周りに人がいないか。色々なことを確認しながら、最初はゆっくりとパドリングを開始していきます。

徐々に波との距離が近づくにつれ、パドリングのスピードもあげていきます。そして、波が直前まで来たとき時に、ラストスパート的なパドリングをおこない、後はテイクオフにつなげます。

4.色んな波に何度も練習いていく。

最後に、パドリングとは基本姿勢、基本動作を覚えることがまず第一のステップですが、波によっては、ほとんどパドリングをせずに波に乗れる場合や、いつも以上にしっかり粘り強くパドリングをしないと乗れない場合など、都度おおきく状況が異なります。

様々なパターンを経験し、都度最適な動作で波に乗ることが上達の秘訣となるでしょう。




おすすめの記事