アナタのテイクオフが安定しない原因と対策 | 趣味のサーフィン

サーフィンの基本ともなるテイクオフがなかなかうまく出来ない場合、テイクオフ時のスピードや立ち上がる時のタイミングはどのようになっているでしょうか。

ここでは、アナタのテイクオフが安定しない原因と対策について考えてみます。

1.テイクオフ前のスピードについて

テイクオフは、寝そべった状態からサーフボードの上に立ち上がる訳ですから、必ず安定した状態から不安定な状態となります。

その不安定さは、テイクオフ前のスピードも影響します。

しっかりパドリングを行い、波をとらえた時、サーフボードは波に押され前に進もうとする力が働きます。

パドリングのスピード不足やしっかり波に乗る前にテイクオフをしてしまった場合、サーフボードは安定せず最悪は失速して波に乗れません。

その様な状態の時にテイクオフをしても成功しません。

サーフィンではスピードと安定性が重要となるのです。

しっかりとパドリングでスピードをつけ波の前にいき、波に押され始める頃にはテイクオフが完了している姿が理想です。

正しいテイクオフは、事前のスピード、テイクオフのタイミングが重要だということを覚えていて下さい。

サーフィンでは、ひとつひとつの動作は大事ですが、前後の動作との繋がりも重要となります。

2. 波のスピードや状態確認

まずサーフボードの両サイドに手をあて、テイクオフの体勢準備をします。

しっかりと波を捉えたことを感じながら、片足を前に出し、波のスピードに合わせ立ち上がります。




スピードの緩い波であればテイクオフの動作もゆっくり目で問題ありませんが、波にスピードがありホレた波の場合は、テイクオフも素早くしないとパーリングをしてしまいます。

波のスピードによってもテイクオフのタイミングやスピードが異なるので、注意が必要です。

3. テイクオフ時の体勢

テイクオフ時、片足は前へ、もう一方の足はサーフボードの後方へ移動させます。

テイクオフで体勢を安定させるには、この両足の位置と両手の使い方が非常に重要となります。

両足の間隔が狭すぎると、体重移動をする幅も狭くなる為、不安定になります。

サーフィンをする上で、ベストポジションというのは、波のサイズや波質によっても異なりますが、まずは肩幅くらいの間隔で両足の位置を決めましょう。

膝を柔軟に使い、テイクオフ後、波の斜面をライディングする為にしっかり体重移動を行うことが重要です。

この時の両手の使い方ですが、立つ動作と同時で少し上にあげ全身でバランスをとるように意識しましょう。

両足の位置が良くても、両手がうまく使えないと、テイクオフ後のライディグにも差し支えが出てきます。

テイクオフを安定させるためには、事前のパドリングによるスピード、都度異なる波質の確認、全身を使ったバランス取りが非常に重要であるので、陸上トレーニングも織り交ぜながらトレーニングしていきましょう。

サーフィンの上手なトレーニングは、陸上でのトレーニングを取り入れていくことも、かなり有効です。




おすすめの記事