ショートボードのテイクオフのやり方 | 趣味としてのサーフィン

趣味としてサーフィンをする人は年々増えてきています。ショートボードのテイクオフのやり方は人によって若干違う部分もありますが、基本的なところは同じす。

1.サーフィンのテイクオフ

見ていると簡単そうでも意外と難しく、慣れていないとなかなかテイクオフはできません。サーフィンのテイクオフとは、サーフボードの上に立つことですが、サーフボードのどの位置に足を置き、どのように乗るべきなのかを理解しておく必要があります。

また、テイクオフのタイミング、正しい動作を理解し、練習する必要があります。

2.テイクオフの正しい動作

ショートボードの幅は肩幅より少し広いくらいのものが多いと思いますが、まず両手でしっかりとサーフボードの両端に手をおき、立つ前の体制を整えます。
そして、次に腕立て伏せの要領で、両端に置いた手を伸ばし、サーフボードと胸の間にでたスペースに膝を曲げた状態で片足をもっていきます。

最後に、バランスを取りながらゆっくりと立ち上がります。この一連の動作は海に入らなくても、砂浜、部屋の中でもできるので、しっかりと体で覚える為にも練習することをお勧めします。正しい動作を覚えたら、次は正しいタイミングを覚えることです。

3.テイクオフをするタイミング

大きめの波がきたらパドリングを開始し、スピードをつけ、しっかりとサーフボードが波に乗った後に、初めてテイクオフができる条件が揃うこととなります。
海でよく見かける失敗例をあげると、波が来て少しパドリングをし、サーフボードが波に乗れた・乗れていないことを確認せず、テイクオフをしてしまおうとするパターンです。
急いでやみくもにテイクオフをしようとする方が非常に多いように感じますが、いくら正しいテイクオフの動作を覚えても、タイミングが正しくないと、絶対にテイクオフは成功しません。




少し物理的な話で説明すると、サーフボードの上に立つと当然その人の体重が重力として下へかかります。

すると、サーフボードが前に進もうとする推進力(波に乗らないと発生しない)が無いので、サーフボードは前に進まずに下に沈みます。これがテイクオフ失敗パターンです。

次に成功例です。サーフボードが波にのれば、サーフボードの後部(テール側)が上(空側)に上がって来て、サーフボードの前部(ノーズ側)が下(海底側)に沈んできます。

このタイミングに入る前にパドリングである程度のスピードがサーフボードについていなければなりません。

スピードがしっかりついていて、サーフボードが波に乗り始めたタイミングでテイクオフを行えばテイクオフは成功します。何度も何度も練習すれば、必ずテイクオフのタイミングがわかるようになってきます。

4.色んな波に何度も練習いていく

最後に、テイクオフとは基本的な動作、タイミングを身につけて準備していても、毎回同じ条件の波が来て成功することはありません。

スピードが速い波、遅い波、大きい波、小さい波、向きやスピード、サイズなど様々な要因によって、テイクオフのタイミングが若干変わってきます。

その波に合わせた最適なタイミングでテイオフするのは、何度も何度練習するしかありません。

テイクオフにより、テイクオフ後の動作にも大きく影響するので、非常に大事な一歩とも言えます。おくが深いですが、それほど重要だということです。




おすすめの記事