トウステップのやり方とコツ | フィギュアスケートの基本

大技のジャンプや回転が鮮やかなスピンも見応えありますが、華麗なステップもフィギュアスケートの華です。

細かくステップを踏む演技に魅了された方もいると思います。

基本を身体に覚えさせることで大技を会得することへの上達に繋がりますので、ここはステップの種類をマスターすることに専念しましょう。

今回はトウステップです。

トウと付くことでわかると思いますが、エッジを使うのではなくとトウを使ってするステップになります。

トウを使うって怖いですよね。

氷上で躓いたら転倒は間違いなしですから。

そんなことにならないよう、ここでもしっかりとイメージを定着させ、それを実践する練習方法でいきたいと思います。

1.つま先でステップ

日常生活の中でステップを踏む経験はあまりないと思います。

あるとすれば嬉しい時に思わず……という時くらいではないでしょうか。

スケート靴を脱ぎ素足や履きなれた靴でステップを踏んでみてください。

なんとなくステップを踏めているかなと思われたら、次はつま先で立ってそのままでステップを踏んでください。

つま先で立つだけでもグラつき不安定になっている場合は、何かに手を添えてください。

高く跳ねる必要はありません。

軽くトントンとステップを踏めるようになるまで繰り返しましょう。

つま先でステップを踏むイメージ、身体がつま先で立つことに慣れ、バランスよくできるようになるまで繰り返すことが、リンクの上でトウステップを踏む上達にもなります。

2.トウステップ

つま先でステップを踏めるようになったら、いよいよリンクで実践です。

しかしいきなりリンクでは失敗して転倒、そこで恐怖心が戻ってしまってはこれまでの苦労が水の泡、リンクに立つ前にスケート靴を履いて床の上で同じようにステップを踏めるか、確認します。




素足や履きなれた靴と違い、スケート靴だと思っていた通りに足が動いてくれないこともあります。

気持ちつま先(トウ)で立てているな、ステップっぽいこと踏めているな、不安定にはなっていないな……と確認をしてからリンクに立ちましょう。

氷上は溶け具合によってただ立っているだけでも気を抜けば滑ってしまいます。

大丈夫、やれる、その気持ちを強く持って挑むことが上達にもなります。

リンクにたったら手摺を使って、その場で軽くステップ。

トウで立つ確認もしっかりしてください。

床の上でしたこともリンクの上だと違った感覚のはずです。

少しずつ手摺に掴まる手の力を抜き、軽く添える程度で問題なくできるようなら、両手でバランスをとって挑戦します。

問題ないようでしたら、人が込み合わない中央付近までいって、いざ実践です。

トウステップも円を描くような気持ち、リンクの上に円があり、その上をトレースするような感じで行います。

フィギュアスケートの練習は、直進に練習するより円形で練習した方が上達します。

まずはじめに、どちらの足を軸にするかを決めます。

ここでは仮として右足を軸にして左足から踏み込む時のパターンにします。

足を揃えた状態で、右足を軸に左足を前に出すと自然と軸足かトウで立っているはずです。

左足をトウで着氷すると前に重心が移動して軸にしていた右足が氷上から離れます。

離れたらすぐ左足が着氷しているところに合わせ、足を揃えます。

しかしそこで終えてしまってはいけません。

右足がトウで着氷したらすかさず左足を前に出す。

これの繰り返しがトウステップです。

助走をつけてトウステップ、覚えたスリーターンと合わせてトウステップなど組み合わせることで、より一層フィギュアスケートらしいものになります。




おすすめの記事