Y字スパイラルのやり方とコツ | フィギュアスケートが上達する練習方法

今回のフィギュアスケートの技は、難易度の高いスパイラルに挑戦したいと思います。

アラベスク体勢を維持しながらの基本スパイラル、こちらは完璧にマスターできましたでしょうか。

またイーグル習得で柔軟体操や筋トレなどにも挑戦し、こちらは毎日の日課になっていることと思います。

毎日同じことを繰り返す、単調で飽きてしまう時もあるかもしれませんが、1日休んでしまうと、その分を取り戻すのは大変です。

今までコツコツと練習し、上達を目指していたことが遠のいてしまいますので、病気やケガなどどうにもならない時以外は、毎日続けましょう。

1.毎日のストレッチ

Y字スパイラルは見ただけでも難しそうです。

ただでさえバランスが崩れやすいリンクの上で、頭上と同じくらいまで足をあげてキープ、無理に決まっている……とやる前からマイナス思考になってしまう方もいるでしょう。

しかし、ストレッチを繰り返し骨盤が滑らかになれば、それほど難しく捉えることもないと思います。

すでに開脚前屈などができる身体になっていると思います。

そこまで身体ができていれば、次のステップに進めます。

まず、軸となる足と同じ手で壁やバーのようなものを掴みます。

フリーになる足を横に少しずつあげていってください。

はじめは真横くらいまででも大丈夫です。

そこでしばらくキープします。

その時、フリーになっている方の足と同じ手で、その足を支えてください。

ちょうど膝の裏あたりを支えられると思います。

その位置より高くあげられるようになれば脹脛を支えられるようになります。

Yの字に見えるくらいまで足があがると、踵を支えられていると思います。

その体勢をキープできればYの字スパイラル完成も目前です。

少し話を戻しますが、足を高くあげるにつれ、今まで痛みを感じなかったところに感じるようになる人もいるかもしれません。




腰より下あたり、ちょうど骨盤のあたりが特につるような感じになったら、無理をせずその部分が柔軟になるストレッチをしてください。

Yの字に足をあげるポーズは美脚効果もあるという話も聞きます。

是非、毎日繰り返して練習をしてみてください。

2.Yの字スパイラル

フィギュアスケートの技を覚えていくと、流れるように足をあげることができるスパイラルを決めたいと思うようになると思います。

フォアスパイラルで足を腰の位置より高くあげることに抵抗や恐怖心もなくやれるようになっていたら、きっとYの字スパイラルもできることと思います。

自身が華麗にYの字スパイラルを決めた時のことを想像してみてください。

そうなりたい、そう思う気持ちがより上達を早めることにも繋がっていきます。

リンクの上、手摺に掴まりその場でYの字になるまで足をあげてください。

いきなりが怖ければ、徐々にあげていく感じで大丈夫です。

気持ちとしてはスパイラルをやるぞ……というよりは、リンクの上でストレッチをしているような感じの方がリラックスでき、身構えたりする率が減ると思います。

気負いすぎると失敗に繋がりますので、緊張感はほどほどが成功の秘訣です。

毎日のストレッチでバランス感覚もかなり備わっていると思います。

フォア滑走から蹴った足がフリーに、後方から真横に移動しながら足を上げていきます。

スケート靴の踵、もしくは脹脛に手を添えられたらそのままキープします。

一定時間キープできれば成功です。

もし足を上げ切らない状態でバランスを崩しかけたら、無理にスパイラルを続けようとせず、足を下してください。

できるまで繰り返し練習、少し前に戻ってみるのも上達に繋がります。

焦りは上達を妨げますので、要注意です。

ステップやターンと組み合わせながらスパイラルができるようになる日も間近です。

華麗なフィギュアスケートを滑るためにも、技ひとつひとつを丹念に練習しましょう。




おすすめの記事